宮崎県発表被害状況(16日午前2時半現在)

©株式会社宮崎日日新聞社

 宮崎県は16日午前2時半現在の被害状況や警戒体制を発表した。人的被害は延岡市、川南町の2件。高千穂町で自主避難者6人、道路も一部通行止めとなっている。県と全26市町村が災害対策本部、災害警戒本部、情報連絡本部のいずれかを設置し、対応にあたっている。県危機管理課の平原利明課長は「今後も余震の恐れがある。地震に驚いてけがをする事例も起きているので、落ち着いて行動してほしい」と呼び掛けている。▽県内の震度(4以上)・震度5強=椎葉村、美郷町、高千穂町・震度5弱=延岡市・震度4=諸塚村、日之影町、五ケ瀬町、日向市、西都市、高鍋町、新富町、木城町、川南町、都農町、門川町、宮崎市、日南市、国富町、綾町、都城市、小林市、えびの市、高原町▽人的被害 情報収集中。現時点で把握している人的被害は2件。・延岡市で地震に驚いた70代男性がベッドから転倒して背中を打撲。けがの程度は不明。・川南町で10代の女の子が避難中にけが。けがの程度は不明。▽道路状況 情報収集中。高千穂町で落石や倒木あり。・高千穂町押方の国道218号で落石あり。状況は不明。・県道北方-高千穂線で一部通行止め。原因は不明。▽避難状況・高千穂町で自主避難6人。▽自治体の警戒体制・県=災害警戒本部を設置。・災害対策本部=川南町(1町)・災害警戒本部=延岡市、新富町、木城町、高千穂町、五ケ瀬町(5市町)・情報連絡本部=宮崎市、都城市、日南市、小林市、日向市、串間市、西都市、えびの市、三股町、高原町、国富町、綾町、高鍋町、西米良村、都農町、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、日之影町(20市町村)

県内の被害状況などを報告する平原利明・県危機管理局長たち(左)=16日午前、県庁