武藤移籍!ニューカッスルを彩った「5人の個性派ストライカー」

©株式会社コリー

武藤嘉紀が移籍したニューカッスルといえば、イングランドでも屈指の名門クラブだ。

ここでは、クラブを彩った名ストライカーたちを振り返ってみよう。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

なお、ケヴィン・キーガンやアンディ・コールらは止む無く除き、近年の選手に限ったセレクトにした。

元イングランド代表FWアラン・シアラー(1996~2006)

ニューカッスルが誇る最強レジェンドであり、プレミアリーグ史上最多得点記録を持つストライカー。

あのガッザがこんなエピソードを語ったこともある。

ポール・ガスコイン

「俺がニューカッスルにいた時、彼はサウサンプトンでデビューした。(当時は)彼をよく知らなかったんだが、あの子は凄かったね。

試合後、俺は彼の肩に手を置いてこう言ったんだよ。『若いの、握手しようや。お前はいい選手になるだろう』ってね。

彼は『ガッザ、ありがとう』と言っていたよ。

あの子は(どんな形でも)得点できる。ボックス外からも、ボックス内でもね。そして、フリーキックはロケットみたいだ」

シアラーは1996年に当時世界最高額でニューカッスルへ移籍すると、1年目に得点王に輝くなど以後10シーズンに渡ってマグパイズでプレー。故郷でもあるニューカッスルにキャリアを捧げた。

引退後は降格危機にあった古巣に暫定監督として戻るも、危機的状況を救えず。現在は『BBC』で解説者を務めている。ちなみに、大のゴルフ好きで、毎年「マスターズ」を見に行っているとか。

元コロンビア代表FWファウスティーノ・アスプリージャ(1996~1998)

サッカー界屈指の悪童でありお騒がせ人物。現役時代は圧倒的なスピードを活かした快足FWとして暴れた。

ニューカッスルでの得点数は多くなかったが、強烈なインパクトを放った。

97-98シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのバルセロナ戦でなんとハットトリックを達成!ニューカッスルを3-2を勝利に導き、セント・ジェームズ・パークを沸かせた。

実はチームミーティングをすっぽかしたことで試合前日に罰金を食らっており、本人はバルサ戦に出られるとは思っていなかったそう。

なんともらしいエピソードである。この活躍で一躍英雄になると、これ以後はニューカッスルでは飲み物代が一切タダになったとか。

引退後も香りつきコンドームを発売したり、武装強盗に襲われたりなどネタを提供してくれている。

元ウェールズ代表FWクレイグ・ベラミー(2001~2005)

もうひとりのお騒がせ選手。かつては豊富な運動量でピッチを駆け回り、快足を飛ばしてゴールに迫った。年齢を重ねるにつれてMF的な役割もこなすように。

ニューカッスルではシアラーと2トップを組み、リーグ最優秀若手選手賞に輝く活躍を見せた。

ただ、何かと問題行動も多く、ニューカッスル退団後はわざわざ会長やシアラーに中傷ともとれるFAXを送りつけ、在籍時からの不人気ぶりに自らダメを押ししてしまった…。

元イングランド代表FWアンディ・キャロル(2006~2011)

彼もまたお騒がせな面を持っていたストライカー。

ニューカッスルでは元ガールフレンドをめぐって同僚DFスティーヴン・テイラーの顎を折ったことも…。

190cmを超える長身を生かした高さ強さを武器に、ニューカッスル史上最年少記録の17歳262日でデビュー。2部落ちした2009-10シーズンには17ゴールを決める活躍でプレミア復帰に大貢献を果たす。

翌シーズンも前半戦で大暴れすると、冬移籍のデッドラインデイにリヴァプールに電撃移籍。だが、結局フィットすることはできず…。

怪我の多さもキャリアを傷つけているが、昨年1月にはスーパーゴールで復活ぶりもアピールしている。

元セネガル代表FWパピス・シセ(2012~2016)

デンバ・バとのセネガル代表コンビを結成したシセ(デンバ・バはフランス生まれ)。

驚異的な身体能力を持つが、強引なプレーに走るのではなく、ポジショニングと駆け引きの巧さでゴールを狙う賢いストライカー。

2012年1月に加入したニューカッスルでは、デビュー戦でゴールを決めるなどいきなりインパクトを放った。チェルシー戦での変態的スーパーゴールはもはや伝説だ。

この仰天ゴールをピッチ上で目撃したチェルシーFWディディエ・ドログバは笑うほかなく、タッチライン際で敵将だったアラン・パーデュー氏と一緒に笑顔になってしまったほど。

パーデュー氏は「私は彼にこう言ったんだ。『カモン、ディディエ。君もあれは讃えなきゃいけないね』って。彼はただ笑っていたよ」と当時の秘話を明かしている。

なお、シセは現在中国でプレーしている。

今季の開幕戦でトッテナムと対戦するニューカッスル。武藤の出場と活躍にも期待したい。