秋雨前線を境に秋と盛夏が同居

©株式会社ウェザーマップ

日本付近は、東北南部から北陸地方に秋雨前線が停滞しています。前線の北側の北海道では気温が平年を下回って秋の気配ですが、前線の南側の東日本の太平洋側から西日本では、高気圧に覆われ、晴れて強い日射により気温が上昇し、体にこたえる猛烈残暑となっています。暑さ対策が必要な日々が続きます。暦の上では暑さがおさまるという処暑(8月23日)もすぎましたが、東日本の太平洋側から西日本の暑さはなかなかおさまりません。
今週は、地方によって天気が大きく異なりますので、夏休み最後の旅行を考えているかたは、旅先の天気や気温などの情報を入手し、安全で快適な旅行を心がけてください。

気象予報士・饒村 曜

画像について:26日午前9時の天気図と衛星画像。