停滞するユーザー体験

〜ウェブはまだ「ウェブ以前」のまま

©ノアドット株式会社

中瀨竜太郎

ノアドット株式会社CEO

中瀨竜太郎

ノアドット株式会社CEO

1975年4月生まれ。98年4月より日経BPでPC誌の編集記者。2005年10月にヤフーに入社し、トップページ編集を経て、12年9月に「Yahoo!ニュース – 個人」を立ち上げる。13年11月に共同通信デジタルに入社し、15年4月に共同通信デジタルとヤフーの出資を得て、ノアドット株式会社を設立。

中瀨竜太郎の記事一覧を見る

 これまでの記事で見てきたように、「誰でもメディア」という完全自由市場はさまざまな問題を引き起こしています。その問題を解決するためにいろいろな対策が日々なされていますが、そのどれもが対処療法的であり、問題が構造的であるという本質に着目して解決が模索されている様子はありません。
 それは、やはり私たちは誰もが自らの利益を最優先して意思決定するものだからであり、その欲求を反映したこの構造を理解している巨大ディストリビューターが、みすみすその権益を手放すことにつながるような根本的なイノベーションを行う動機付けもないからでしょう。

 しかし、その裏ではユーザーにしわ寄せがいっています。それはWELQ問題のように明白な弊害をもたらしているわけではありませんが、だからこそたちが悪いとも言えます。

 たとえば、Yahoo!ニュースなどの記事ページで1段落目と2段落目の間に「ほかの画像はこちら」というようなリンクをよく見かけます。「1段落目の後に自サイトへの誘導リンクを挿入できる」というYahoo!ニュースの配信仕様を活用して、配信メディア側がフォトアルバムページなどへの誘導を行っている事例です。
 ユーザーはなぜ、最初からそのリッチなページが見られないのでしょう? ユーザーはときにはこのリンクを経由して、たった今Yahoo!ニュースで読んだばかりの記事とまったく同じ本文のページにアクセスさせられ、その最下部までスクロールしてようやくYahoo!ニュースでは見られなかった画像数枚に出会うこともあります。
 これは、Yahoo!ニュースなどのアグリゲーターとコンテンツ提供メディア側とで合意している一般的な手法で批判されるべきものではありませんが、1996年にヤフーが「ウェブの道先案内」を始めたときよりもユーザー体験が後退している部分があることは確かです。「サーファー」たちは、“直リン”を張っていたわけですから。

 あるいは逆に、本文中に「こちら」という文字列だけがあって、何のリンクもないケースもあります。他にも、「以下の動画では」など書かれている「以下」には動画そのものも動画へのリンクもない、といった記事にもよく出会います。
 この場合は逆に、Yahoo!ニュースでは現在は文中リンクが挿入できないために起こっていることでしかありませんが、仕様が仮にそうでなくても、このようにアナクロな体験は外部へのコンテンツ配信に常につきまといます。それは、HTMLが間違いに寛容なためでもありますし、こうした課題に都度真摯に向き合ってユーザー体験を劣化させないように双方で努力するような経済合理性が、ウェブのメディアビジネスにはないためでもあります。

 ウェブではURL一つで情報伝達が可能であり、優れたコンテンツがあればそのURLをユーザーに指し示すだけで本来はメディアとしての伝達機能を果たせます。しかし、コンテンツデータそのものをわざわざ複製して別事業者に渡すモデルが是とされていることで、そのようなシンプルな伝達が妨げられ、ウェブをより複雑で低質なものに止めています。

 そんな指摘のほうが些末でバカバカしい、と思われるかもしれません。この低質な体験に慣らされすぎていて、顕在的に問題と感じている人も少ないでしょう。世の投資家や事業会社にしても、このような問題が存在しているウェブを解決することで得られるリターンが大きいとは感じられず、もっとわかりやすいリターンが見込めそうな宇宙開発、自動運転、ロボット、モバイル決済、VRなどでの“ユニコーン探し”に意味があると感じているはずです。

 しかし、それでもやはり、

マーシャル・マクルーハンも言っているように、新しいメディアの初期の形は、それが代替した古いメディアを模倣する。

のであり、知のスムーズな共有を妨げるこれらのあまりにもレベルの低い事象は、ウェブがまだ始まってすらいないのかもしれないということを私たちは感じるのです。以下はgithubという発明に関する文脈で書かれた論ですが、同様の指摘をしているものと考えます。

ワープロやメールなどの初期のITは、全部紙でやってたことのシミュレーションだ。同じことをやってもコンピュータ上のシミュレーションでやるといろいろ便利になる。最初にそれをやるのは正しいし、それは大きな進歩だ。
コンピュータとインターネットは、情報をシェアするために使うべきで、紙のシミュレートをしていいのは、ごくごく特殊な状況のみなのだ。

ウェブ以前のメディアパッケージングの手法をウェブサイトやアプリというかたちで踏襲したせいで、ウェブが本来持つ情報流通のポテンシャルは停滞したままです。チームラボの猪子寿之さんも、以下のように語っています。

 インターネットができた時も、世の中の人は皆、二次元で考えていたから、ついついトップページがあって、そこから階層的な二次元構造でポータルをつくってしまった。でも見る人も二次元でしか考えていないからわかりやすかったはずです。
 で、その後に出てきたグーグルがやったことは何かっていうと、単語の数だけ次元をつくった。単語の数だけ次元数を上げて、階層構造から多次元構造に変えた。ウィキペディアなんかもそうで、誰もトップページなんか見たことないですよね。

ウェブサイトのオーナーは、トップページ、カテゴリページ、ランディングページという階層構造を持ったウェブサイトをせっせと構築しながら、その解体方法をsitemap.xmlなどに記してGoogleに渡しています。Googleに壊してもらうために作っている、ということは、人間はまだウェブがもたらした新しい流通次元に適した構造を最初からは構築できずにいる、ということではないでしょうか。

 これから、スマートスピーカーやVRの普及に伴い、ウェブサイトというのはますます相対的に意味を失っていくでしょう。ウェブサイトのPVや滞在時間をKPIとして持つ現在のデジタルメディアの大半は、その運営体制を大幅に見直さなくてはいけなくなるはずです。

 私たちは、そうした未来に備え、現在のウェブが持つ構造問題「ウェブ地獄」をなくして新しいウェブを作っていかなくてはならないと考え、nor.を立ち上げました。