DOWAエレクトロニクス、近赤外LEDチップ開発

世界トップ級の出力

©株式会社鉄鋼新聞社

 DOWAホールディングスは、子会社のDOWAエレクトロニクスが中心波長1300ナノメートル帯において、世界トップクラスの6・8ミリワットの出力となる近赤外LEDチップの開発に成功し、サンプル提供を開始したと発表した。出力は同社従来品に比べ3・5倍向上した。今後は中心波長1450帯、1650帯などでもラインアップの拡充を進める考え。

 新たに開発した中心波長1300帯の近赤外LEDチップでは、トレードオフとなる高出力化と小型化を両立しつつ、センサ用途に必要である上面方向への光出力を大幅に向上させることが可能となった。

 LEDを用いた各種光センサは、小型、省電力、長寿命などの特長がある。また、波長帯800~2千ナノメートルの近赤外光は生体への透過性が高いことから農作物や食品の分析、医療やヘルスケア分野への応用が進められている。特に市場拡大が見込まれるヘルスケア分野では、センサにLEDを用いることで採血を必要としない血糖値測定の実現などが期待されている。