東・西日本は秋晴れ少ない 気象庁1か月予報

©株式会社ウェザーマップ

平均気温の1か月予報(10月13日~11月12日) 出典:気象庁ホームページ

気象庁は11日、向こう1か月の予報を発表した。北日本は暖かい空気に覆われやすいため、向こう1か月の気温は平年並か高い見込み。一方、沖縄・奄美は、来週にかけてに冷たく湿った空気の影響を受けるため、向こう1か月の気温は平年並か低い予想だ。

日照時間の1か月予報(10月13日~11月12日) 出典:気象庁ホームページ

 週別の天候予想によると、1週目(10/13~19)は東・西日本、沖縄・奄美で、低気圧や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ晴れの日が少ない見通し。2週目(10/20~26)は、東日本太平洋側と西日本で低気圧や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ晴れの日が少ない予想だ。月末あたり~11月上旬にかけての気温は、全国的にほぼ平年並みと見込まれている。なお、向こう1か月の日照時間は、低気圧や湿った空気の影響で、東日本太平洋側と西日本では平年並か少なくなりそうだ。