共産の安江氏 県議選出馬へ 佐世保・北松浦郡区

©株式会社長崎新聞社

 共産党県北部地区委員会は23日、来年4月の県議選佐世保市・北松浦郡区(定数9)に、同委員会副委員長の安江綾子氏(41)=松浦市=を党公認で擁立すると発表した。
 安江氏は京都市出身、県立松浦高卒。2015年に同委職員となり、今年1月に同委副委員長に就任した。佐世保市役所で会見した安江氏は、県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設を問題視し、「ダムに反対する地権者の幸せのため、自分が政治を変えたい」と述べた。
 県議選佐世保市・北松浦郡区はこれまでに現職7人と元職1人、新人2人が立候補の意向を示している。
 同委員会は来年4月の佐世保市議選に市内の団体職員、小田徳顕氏(38)を党公認で擁立することも明らかにした。