蝶理、中国社とアルミコンデンサー箔で連携

©株式会社鉄鋼新聞社

 大阪の専門商社、蝶理は26日、中国のアルミ電子材料メーカーである新疆衆和とアルミ電解コンデンサー用電極箔で連携すると発表した。このほど開かれた「日中第三国市場協力フォーラム」で覚書を締結した。電極箔市場で新疆衆和と長期的かつ安定的な戦略的パートナーシップを確立し、日本と中国市場をベースに東南アジアやインドでさらなる市場の開拓を目指す。

 蝶理は1961年に中国政府から日中友好商社第一号の指定を受け、日中ビジネスを進めてきており、2005年には貿易圏・中国内販権を有する蝶理(中国)商業を設立するなど中国事業に力を入れている。今回のフォーラム参加・覚書締結を機にさらに中国事業を強化していく考え。