堂安律、技ありミドルで今季3得点目 ドリブル成功数も秀逸だ![映像アリ]

©株式会社FACTORIES

好調を維持している堂安 photo/Getty Images

11日にエールディヴィジ(オランダ1部)の第12節が行われ、堂安律が所属するフローニンヘンが小林祐希が在籍中のヘーレンフェーンに2-0で勝利した。なお、堂安と小林は共に先発出場を果たしている。

フローニンヘンが1-0とリードして迎えた38分に、堂安による秀逸なゴールが生まれた。同選手が敵陣バイタルエリア右寄りの位置からカットインすると、ペナルティアーク付近で左足を振り抜き、ボールは相手ゴールの左上に突き刺さった。この豪快かつ正確無比なミドルシュートに、フローニンヘンの公式Twitterアカウントが反応。「幻想的なカール(曲がり具合)だ」と、同選手の好プレイを称えている。

リーグ戦2試合連続でゴールを挙げ、チームの連勝に貢献した堂安。今季のリーグ戦12試合消化時点でチーム内最多のドリブル成功数を記録するなど、獅子奮迅の活躍を見せている(23回/英『whoscored.com』より)。16日と20日に行われる日本代表戦でも結果を残し、代表内での地位を確固たるものにすることができるだろうか。

参照元:youtube(堂安のゴールは1分53秒~)