ソフトバンクが新たに4選手と契約を更改 2度目でサインの上林は4000万円増

©株式会社Creative2

契約更改に臨んだソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

ドラフト2位ルーキー高橋礼は200万円増の1400万円

 ソフトバンクは5日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉を行い、新たに4選手が契約を更改した。1度目の交渉で保留していた上林誠知外野手は500万円上積みされ、4000万円アップの7500万円でサイン。ドラフト2位の高橋礼投手は200万円増の1400万円で契約を更改した。(金額は全て推定)

 この日契約を更改した4選手のコメントは以下の通り。

◯高橋礼投手(1200万円→1400万円)
「正直、大卒で2位で入って、悔しい気持ちの方が大きいです。シーズン前半から活躍できなかったですし、登板も12試合だけ。アップしてもらえただけ良かったです。来季は先発ローテに入ることが1番の目標」

◯松田遼馬投手(1500万円→1400万円)
「途中から来て2試合しか投げていないので、もっともっと投げられるようにしたいと思います。もっとやれたシーズンだったと思う。来年に向けて今からやっていきたいと思います。日本一はテレビで見ていたので、来年はその輪に入れるようにやりたい」

◯上林誠知外野手(3500万円→7500万円)
「球団もいろいろと見直して評価していただきました。全試合出たのは自信になりました。胸を張って言えるような数字じゃないですし、これくらいかな、と。上には上がいる。満足したら終わりの世界なので、もっともっと上を目指していきたいです」

◯岡本健投手(1400万円→1500万円)
「ファームに落ちる前まではいい感じで投げられていた。怪我で落ちてしまったので、そこには悔いが残ります。1年間を通してプレーする大変さを感じました。来年やらないといけないと、自分にプレッシャーをかけてやっていきたいと思います」(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)