移籍金7500万ポンドでも納得の活躍 リヴァプールDFが覚悟していた批判

©株式会社FACTORIES

活躍するリヴァプールのファン・ダイク photo/Getty Images

リヴァプールの最終ラインを統率するフィルジル・ファン・ダイクは、今や世界最高のセンターバックの1人と言われるまでの存在になった。獲得に動いたリヴァプールの判断は大正解だったと言えよう。移籍金額は7500万ポンドと超高額だが、今では誰もファン・ダイクにかかった移籍金の話などしない。今の活躍を見れば適正価格だったと考えられるからだ。

米『ESPN』によると、ファン・ダイクも活躍できなければ移籍金額の話を出されて批判を浴びることになると覚悟していたようだ。評価されるのは嬉しいだろうが、近年の高額な移籍金は選手に過度なプレッシャーをかけることになる。ファン・ダイクも批判が出た場合は受け入れる考えだったと語っている。

「もし上手くプレイできなければ、みんなが移籍金額について話すだろう。ただ、それは僕がどうこうできるものではない。受け入れる必要がある。リヴァプールが僕にそれだけの金額を支払ってくれたことは非常に誇らしい。僕に必要なのはクラブのためにハードワークすることだけだ」

あれほど守備が脆いと言われ続けたリヴァプールだが、今季はリーグ戦15試合を消化した段階でリーグ最少の6失点しか喫していない。これはファン・ダイクの加入が効いている証拠で、現プレミア最高のセンターバックと言っていいはずだ。昨季もシーズン途中に加入しながらチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献しており、ファン・ダイクの獲得はクラブ史に残る大ヒットと言えるかもしれない。