横河住金ブリッジ、来年4月に商号「横河NSエンジニアリング」

©株式会社鉄鋼新聞社

 横河ブリッジホールディングス連結子会社で橋梁・鉄骨ファブリケーターの横河住金ブリッジ(本社・茨城県神栖市、社長・齊藤功氏、略合・YSBC)は、来年4月1日付でに商号を「横河NSエンジニアリング」(略号・YNSE)へ変更する。

 横河ブリッジHDによると、株式の40%を保有する新日鉄住金が同日に「日本製鉄」へ商号変更するのに合わせた。改称により、エンジニアリング関連事業に関わる知名度向上を図る。