久保建英と中井卓大が再会!17歳と15歳になった“天才少年”の現在がこれ

©株式会社コリー

激動だった2018年も終わりを迎えようとしているが、そんな年の瀬に日本サッカー界の未来を担う二人の“天才少年”が再会を果たしたようだ。

現レアル・マドリーの中井卓大(15)と元バルセロナの久保建英(17)!

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

この写真は「KOBA式体幹★バランス〜コバトレ」の考案者として知られ、中央に映っているプロスポーツトレーナーの木場克己氏が自身のSNSに投稿したもの。

久保と中井の二人は以前から同氏の指導を受けており、今回、中井がスペインから帰国したこの時期に貴重な2ショットが実現したようだ。

ちなみに二人は2016年の暮れにも同氏のもとを訪れている。

この時は2歳年上である久保のほうがやや大きかったのだが、中井はこの一年で身長が10cmも伸びたらしく、173cmの久保を一気に追い抜いてしまった。現在は178~180cmほどだという。

この2年の間に久保はプロデビューを果たし、今季は横浜F・マリノスでJ1初ゴールを記録した。一方の中井も今夏レアル・マドリーのU-16に昇格し、先月には初めて日本代表の試合に出場している。

そんな彼らの表情は、10代とは思えないほど精悍そのもの。これからは“天才少年”ではなく、成熟した“天才プレーヤー”として、同じピッチの上に立つ日を待ちたい。