【MLB】2位でも驚愕182キロ超! 大谷翔平、2018年の打球速度トップ5、最速記録は…

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

昨季の打球平均速度はメジャー全体でも11位、トップクラスの大谷のベスト5は?

 打球速度は、バッターが打った打球が放たれる際の初速で計測する。打球速度と打球飛距離には強い相関があると言われており、打球速度が上がるにつれ飛距離も伸びると言われている。

 2018年にMLB挑戦1年目にして二刀流で日米を席巻した大谷翔平投手。MLBの多くのパワーヒッターに交じって昨季の平均打球速度が全体11位(92.6マイル=約149キロ)という事実が示す通り、鋭い打球を広角に弾き返し、ヒットを量産した。

 今回は打者・大谷翔平が残した打席結果の中から、スタッドキャストの打球速度トップ5を取り上げる。ただ、打球速度が速いと言ってすべてヒットやホームランにつながっているわけではない。1年目で打者として遺した大谷の軌跡を振り返りたい。

○第5位 5月26日 ヤンキース戦 112.6マイル(約181.2キロメートル)

 8回、エンゼルス大量リードで迎えた大谷の打席。ヤンキースリリーフ右腕のAJ・コール投手が投じた94.5マイル(約152キロメートル)のフォーシームをとらえ、痛烈な打球を飛ばした。そのままセンター前に抜けそうか、という当たりだったが、シフトにかかり惜しくも遊撃のディディ・グレゴリウス内野手の正面を突く遊ゴロ。112.6マイルの打球だったが、ヒットにはならなかった。

○第4位 4月3日 インディアンス戦 112.8マイル(約181.5キロメートル)

 インディアンスのベテランリリーフ、ザック・マカリスター投手から放った一打。大谷は9点リードの8回先頭で打席へ。MLB通算280試合を誇る経験豊富な右腕が、この試合で本塁打を含む2安打を放っていた二刀流に対して、2ボール2ストライクから真ん中低めに94.7マイル(約152.4キロメートル)のフォーシームを投じると、大谷は逆らわずにセンター返し。打球はものすごい勢いでセンター前へ抜け、猛打賞となるこの日3本目のヒットとなった。

2位は驚愕のホームランも、1位は名手の美技を“演出”する凡退!?

○第3位 9月24日 レンジャース戦 112.9マイル(約181.7キロメートル)

 この日「3番・DH」で先発した大谷。初回2死走者なしで、レンジャース先発右腕エイドリアン・サンプソン投手の初球の90.4マイル(約145.5キロメートル)のシンカーを迷わずに引っぱった。大谷は打った瞬間に確信。右翼手ノマー・マザーラ外野手も追わずに見送るしかなかった打球は、エンゼルスファンが待つライトスタンドに飛び込んだ。112.9マイルの、まさに弾丸ライナーだった。

○第2位 7月28日 マリナーズ戦 113.2マイル(182.2キロメートル)

 7月は打率.203の不調に陥っていた大谷だが、この試合は「2番・DH」で先発出場。4打数無安打で迎えた8回に大谷に打席が回ってくる。ピッチャーはロエニス・エリアス。大谷が苦手としている左ピッチャーだ。1ボール1ストライクからの3球目、96マイル(約154.5キロメートル)のフォーシームを振りぬくと、鋭い打球はライトのミッチ・ハニガー外野手を襲った。この試合初安打となる113.2マイルのツーベースヒットとなった。

○第1位 9月13日 マリナーズ戦 113.9マイル(183.3キロメートル)

 大谷は「4番・DH」で先発出場。第1打席は三振に倒れ、続く第2打席は1死一塁で打席へ。投手は5回の2桁勝利を誇る右腕、マイケル・リーク投手。1ボールから投じられた88マイル(約141.6キロメートル)のシンカーを捉えた。火の出るような当たりは三遊間を破ってレフト前に抜けると思われたが、これをこの試合では遊撃を守っていたディー・ゴードン内野手が好捕。すぐさま二塁にトスし、一塁ランナーをアウトに仕留めた。今季自身最速の113.9マイルを記録した打球は、ゴードンの美技を“演出”する遊ゴロとなってしまった。

 日本人として17年ぶりの新人王を獲得した大谷。シーズン終了翌日の10月1日にトミー・ジョン手術を受け、2019年シーズンは投手としては全休、打者に専念することになる。マークが厳しくなることが予想されるが、それを跳ねのけ、また弾丸のような打球を見せてくれるだろうか。(Full-Count編集部)