平成の名内野手、立浪和義が歩んだ野球人生 史上最多487二塁打で野球殿堂へ

©株式会社Creative2

野球殿堂に選出された立浪和義氏【写真:Getty Images】

PL学園3年時には主将として春夏連覇にチームを牽引

 2019年の野球殿堂プレーヤー表彰で選出された立浪和義氏は、1969年大阪府吹田市に生まれ、小学校時代にボーイズリーグに入団して野球をはじめ、のちにPL学園高硬式野球部に入部した。

 立浪が入学した1985年、PL学園は3年生になった桑田真澄、清原和博を擁して夏の甲子園で優勝。1年生の立浪は、スタンドから声援を送っていた。

 翌1986年、2年生になるとレギュラーに抜擢されたが、春のセンバツでは1回戦で浜松商に1-8で敗れた。夏は、大阪府大会準決勝で泉州高校に0-1で敗れ、6期連続で出場していた甲子園出場記録が途絶えてしまう。

 しかし、立浪の世代も片岡篤史、野村弘樹、橋本清と逸材揃いで、3年生となった1987年にはKKコンビも達成していない春夏連覇を達成。立浪は主将としてチームを引っ張った。

 この年のドラフト会議では、南海と中日が立浪を1位で指名。当たりくじを引き当てた中日への入団が決まる。

 173センチ、70キロと小柄だったため、プロに適応するには時間がかかると思われたが、春季キャンプから野球センスが高く評価される。星野仙一監督は正遊撃手だった宇野勝を二塁にコンバートして立浪を遊撃に抜擢。開幕戦から「2番・遊撃」でスタメン出場すると、第3打席に大洋の欠端光則からプロ初安打となる二塁打を記録した。これが「二塁打王」立浪和義の最初の二塁打となった。

 この年に新人王とゴールデングラブ賞を獲得したが、翌1989年は右肩の故障で開幕を2軍で迎え、30試合の出場にとどまった。1990年に見事復活を遂げ、1番打者として初めて3割をマーク。以後、20シーズンの長きにわたって、中日の主力選手として活躍し、「ミスタードラゴンズ」と呼ばれた。

 守備位置は1991年まで遊撃手だったが、92年からは二塁手に転向。98年には1シーズンだけ左翼を守り、99年からは再び二塁、2002年からは三塁を守った。野球センスは抜群で、どのポジションでも俊敏な守備を見せ、遊撃、二塁、三塁でゴールデングラブ賞を受賞している。

 打っては、3割を8度マーク。主要な打撃タイトルは獲れなかったが、コンスタントに好成績を挙げる、指揮官にとっては非常に心強い打者だった。

通算487二塁打はNPB歴代1位、通算2480安打は歴代7位

 立浪和義と言えば、やはり二塁打だろう。左打席でゆったりと構え、ライナー性の鋭い当たりを連発した。シーズン最多二塁打はとっていないが、1990年から17年連続で2桁二塁打を記録。通算487二塁打はNPB歴代1位となっている。

○NPB通算二塁打数5傑 ()は実働期間

1立浪和義 487(1988-2009)
2福本豊 449(1969-1988)
3山内一弘 448(1952-1970)
4金本知憲 440(1992-2012)
5稲葉篤紀 429(1995-2014)

 現役ではロッテ福浦和也の388本が最多。立浪の数字を脅かす選手は当面、現れそうにない。

 通算2480安打は、中日では高木守道(2274安打)を抜き球団歴代1位、平成年間に記録した通算2405安打は、金本知憲(2539安打)、石井琢朗(2432安打)に続く3位だった。

 チームメイトとして一緒にプレーした選手は、落合博満、宇野勝から平田良介まで幅広い。

 今から10年前の2009年、立浪はシーズン前に引退を示唆。しかし、シャープな打撃は衰えず。代打で18安打16打点と無類の勝負強さを見せ、「ミスタードラゴンズ」の偉大さを見せつけた。

○通算成績
2586試合8716打数2480安打487二塁打171本塁打1037打点135盗塁、打率.285
新人王、ベストナイン2回、ゴールドグラブ5回、オールスター選出11回
通算2480安打は史上7位

 ファンからは監督就任を熱望されているが、引退後は解説者として活躍している。(広尾晃 / Koh Hiroo)