平成25(2013)年の主な出来事

©株式会社長崎新聞社

 V・ファーレン長崎のJ2旋風、夏の参院選、政府が端島炭坑(軍艦島)を含む産業革命遺産を世界文化遺産に推薦するなどさまざまなニュースがあった2013年。2月8日に長崎市東山手町のグループホーム火災が発生。施設の防火態勢の不備や行政のチェック不足が明らかになり、スプリンクラーの設置基準もあらためて議論になった。5月に始まった西海市の2女性殺害事件の被告は極刑を言い渡された。10月にはプロ野球のドラフト会議で大瀬良大地投手(長崎日大高―九州共立大)が3球団から1位指名を受け、広島が交渉権を獲得。11月には諫早湾潮受け堤防排水門の開門をめぐり混迷を深めた。佐世保市新港町には大型複合商業施設「させぼ五番街」がグランドオープン。12月にはキャロライン・ケネディ駐日米大使が来崎、核軍縮に尽力する決意を示した。