【カタールリーグ】チャビの”バルサイズム”はカタールでも健在⁉同僚が暴露「レアルを嫌いになるよう教わった」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

カタールのアル・サッドに所属するアルジェリア代表FWバグダード・ブーンジャーは同僚の元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスについて言及。バルセロナのレジェンドは根っからのレアル・マドリード嫌いであることを明かした。

【セリエA】ベナティアがユーベ退団を発表…新天地はカタールに決定

2018年のアルジェリア年間最優秀選手に選ばれたブーンジャーは、チャビや昨季までアトレティコ・マドリードにいた元スペイン代表MFガビが所属するアル・サッドに2015年に加入した。ブーンジャーはチャビと3年、ガビとは半年間共にプレーし、バルサやアトレティコで活躍した選手たちと多くの事を共有。その中で、2人がいかにレアルが嫌いかという事をドレッシングルームで散々聞かされたという。

【アジアカップ】日本が痛恨の3失点…カタールに敗れ悲願のアジア王者奪還ならず

「二人ともレアルが大嫌いなんだ。チャビは、カタルーニャ地方の人間はみんなレアルを嫌いになるよう教わるって言っていたよ。その感情のまま大人になっていくってね」。ブーンジャーはチャビやガビという世界最高のチームメイトの助けを借りてゴールを量産し、2018年には年間58得点を記録。リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドといったスーパースター達ををはるかに上回る数字を残し、昨年12月にはアル・サッドと2024年まで契約を延長させた。

根っからのレアル嫌いだというチャビ