開館 10月5日に前倒し 新図書館「ミライon図書館」

©株式会社長崎新聞社

 長崎県と大村市が同市東本町に整備した「県立・市立一体型図書館および市歴史資料館」(仮称)の開館時期について、大村市教委は6日、予定していた11月末から10月5日に前倒しすることが決まったと発表した。
 市教委によると、1月末に完成した新図書館(愛称・ミライon図書館)は地上6階建て、延べ床面積約1万3200平方メートル。1階に200人収容可能の多目的ホール、2階に76人収容可能な研修室を備え、初年度の蔵書数は約125万冊を予定している。
 当初は完成後の引っ越し作業などに約8カ月掛かる見通しだったが、業者との調整を進める中、繁忙期の3、4月も作業が可能となったため、開館を約2カ月前倒しできるという。
 ミライon図書館の開館時間は平日午前10時~午後8時、土日祝日は午前10時~午後6時。休館日は毎週月曜日。

10月5日に開館する新図書館=大村市(2018年12月26日撮影、同市提供)