王貞治が断トツ、巨人丸はどこまで迫れるか? 今季達成が予想される記録【四球編】

©株式会社Creative2

阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】

王貞治は通算2390四球と圧倒的な数字を残す

 四球は地味なリザルトだが、打者の能力をはかる上で、非常に重要だ。MLBでは四球は安打と同じくらい重要だとされている。四球は「好球必打」が必要な打者にとって「打つべきでない球」を見分ける能力=選球眼の結果だ。また、長打が多い強打者は、投手が勝負を避けるため、四球が多くなる。四球で歩くことを喜ぶ打者は少ないが、優秀な打者でないと四球は増えないのだ。

〇NPB歴代四球数10傑()は実働期間

1 王貞治 2390四球(1959-1980)
2 落合博満 1475四球(1979-1998)
3 金本知憲 1368四球(1992-2012)
4 清原和博 1346四球(1986-2008)
5 張本勲 1274四球(1959-1981)
6 門田博光 1273四球(1970-1992)
7 野村克也 1252四球(1954-1980)
8 福本豊 1234四球(1969-1988)
9 山本浩二 1168四球(1969-1986)
10 谷繁元信 1133四球(1989-2015)

 王貞治の数字が突出している。NPBでは四球は1000四球から500刻みで表彰されるが、1500四球も2000四球も王しか記録していない。昭和の時代、圧倒的な強打者だった王貞治は、13年連続を含む15回本塁打王に輝いたが、同時期に18年連続で最多四球を記録。王に続く10傑にも、強打者が多く並んでいる。

〇現役四球数10傑

1 鳥谷敬(神) 1034四球(2004-2018)
2 福留孝介(神) 922四球(1999-2018)
3 阿部慎之助(巨) 857四球(2001-2018)
4 栗山巧(西) 821四球(2004-2018)
5 福浦和也(ロ) 707四球(1997-2018)
6 糸井嘉男(神) 680四球(2007-2018)
7 丸佳浩(巨) 668四球(2010-2018)
8 中村剛也(西) 652四球(2003-2018)
9 坂本勇人(巨) 580四球(2007-2018)
10 中島宏之(巨) 561四球(2002-2018)

 NPB史上1000四球をマークした打者は15人いるが、現役は阪神の鳥谷だけ。鳥谷は1000四球を記録した15人の中で本塁打数が最小の138本。2013年には10本塁打ながら104四球を選んでいる。長打力で投手に怖れられたのではなく、自らの選球眼で1000四球を選んだと言えるだろう。2000本安打とともに勲章だと言えよう。

昨年、丸は130四球を選びシーズン記録4位タイ

 同じく阪神の福留孝介はあと78四球で1000四球。2005年には93四球を選んでいる。福留はMLBでもプレーしたが、カブス時代の2009年にも93四球を記録。打率は.259と低かったが、じっくり粘って塁に出る姿勢は高く評価された。日米通算では1229四球になる。

 巨人の阿部は、当初は四球が50前後と多くはなかったが、円熟味を増すとともに四球が増え、2013年には86四球を記録している。今季の1000四球は難しいが、試合に出れば来年には可能性が見えてくるだろう。

 そして今、四球で最も注目すべきは、今季から巨人に移籍した丸佳浩だ。

〇シーズン四球数10傑

1 王貞治1974年(巨) 158四球
2 王貞治1966年(巨) 142四球
3 王貞治1965年(巨) 138四球
4 王貞治1967年(巨) 130四球
4 丸佳浩2018年(広) 130四球
6 金本知憲2001年(広) 128四球
7 王貞治1977年(巨) 126四球
8 王貞治1976年(巨) 125四球
9 王貞治1973年(巨) 124四球
10 王貞治1963年(巨) 123四球
10 王貞治1975年(巨) 123四球

 この分野は長らく王貞治の名前がずらっと並んでいたが、2001年に広島の金本が5位(当時)に食い込んだ。そして昨年、金本の後輩でもある丸が130四球を記録して4位タイになった。丸は昨年、39本塁打を記録。もともと選球眼の良い選手だったが、投手陣が警戒するようになって四球数が急増した。丸は今季から王の後輩になる。現在は通算668四球だが、どれだけ数字を伸ばすだろうか?(広尾晃 / Koh Hiroo)