【高校野球】元巨人投手コーチ、横浜監督の尾花高夫氏が秋田・明桜高野球部総監督に就任

©株式会社Creative2

尾花高夫氏の通算成績

昨年末に学生野球資格回復研修を受講、今月に資格回復認定

 元巨人投手コーチで、横浜(現DeNA)の監督も務めた尾花高夫氏が19日、秋田の名門・明桜高校の硬式野球部の総監督、兼投手コーチに就任したことが、同校のホームページで発表された。

 尾花氏は大阪・PL学園から社会人の新日本製鉄堺を経て、1978年にドラフト4位でヤクルトに入団。1991年に現役を終えるまで112勝をマークした。投手理論には定評があり、ヤクルト、ダイエー(現ソフトバンク)、巨人で投手コーチを歴任。2010、11年は横浜の監督を務め。13年からは再び、巨人の投手コーチを務めていた。尾花氏は昨年末の学生野球資格回復研修を受講し、2月に資格回復を認定されていた。

 また、明桜高校を運営するノースアジア大学の総合研究センター主任研究員にも就任することも発表された。

 明桜高校は2007年に秋田経済法科大学附属高等学校から改称された学校で選抜に5回、夏の甲子園には9度出場。最近では2017年に出場した。尾花総監督のもとで新たなスタートを切ることになる。(Full-Count編集部)