<レスリング>韓国とジョージアが2階級ずつ優勝…2.23~24ハンガリー・グランプリ

©公益財団法人日本レスリング協会

28ヶ国が出場して行われた2019年ハンガリー・グランプリ

 世界レスリング連盟(UWW)の男子グレコローマンのランキング大会、2019年ハンガリー・グランプリは2月23~24日、ハンガリー・ギョールで28ヶ国185選手が出場して行われ、67kg級で2017年世界選手権66kg級優勝の柳漢壽が優勝し実力を見せた。韓国は60kg級でも2017年世界選手権59kg級3位のキム・セウンハクが優勝。77kg級に出場した金炫雨(韓国)は3位だった。

 ジョージアも、72kg級で昨年の欧州選手権2位のシャマギ・ボルククバーゼ、82kg級でU23世界選手権優勝のベラ・ボルクバーゼの2選手が勝った。地元のハンガリーは87kg級で今月のザグレブ・オープンで優勝しているビクトル・ロエリンツが優勝。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Bakhromov, Ilkhom(ウズベキスタン)
[2]Khedri, Reza Kheirollah(イラン)
[3]Mirakhmedov, Javokhir(ウズベキスタン)

 【60kg級】
[1]Kim, Seung-Hak(韓国)
[2]Tukhtaev, Firuz(ウズベキスタン)
[3]Lizatovic, Ivan(クロアチア)
[3]Beheshti Tala, Shirzad(イラン)

 【63kg級】
[1]太田忍(日本)
[2]Tuo, Erbatu(中国)
[3]Delkhani, Meysam(イラン)
[3]Walihan, Sailike(中国)

 【67kg級】
[1]Ryu, Han-Soo(韓国)
[2]Kudrynets, Ruslan(ウクライナ)
[3]Nemes, Mate(セルビア)
[3]下山田培(日本)

 【72kg級】
[1]Bolkvadze, Shmagi(ジョージア)
[2]Davitaia, Sachino(ジョージア)
[3]Toth, Martin(ハンガリー)
[3]Can, Selcuk(トルコ)

 【77kg級】
[1]Nemes, Viktor(セルビア)
[2]Pyshkov, Dmitri(ウクライナ)
[3]Yakovlev, Vladimir(ウクライナ)
[3]Kim, Hyeon-Woo(韓国)

 【82kg級】
[1]Bolkvadze, Gela(ジョージア)
[2]Bisultanov, Raibek(デンマーク)
[3]Akbudak, Burhan(トルコ)
[3]Filchakov, Yaroslav(ウクライナ)

 【87kg級】
[1]Loerincz, Viktor(ハンガリー)
[2]Sid Azara, Bachir (アルジェリア)
[3]Kuliev, Radik(ベラルーシ)
[3]Szilvassy, Erik(ハンガリー)

 【97kg級】
[1]Hancock G’Angelo, Tracy(米国)
[2]Baskoy, Fatih(トルコ)
[3]Kakhelashvili, Nikoloz(イタリア)
[3]Alimujiang, Abdurexiti(中国)

 【130kg級】
[1]Nabi, Heiki(エストニア)
[2]Chugoshvili, Georgi(ベラルーシ)
[3]Lam, Balint(ハンガリー)
[3]Koscevic, Marko(クロアチア)