【プレミアリーグ】スールシャール正式監督就任を願うポグバ「チームに残って欲しい」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは、オーレ・グンナー・スールシャールの正式監督就任を願うと、イギリスメディア『skysports』のインタビューで語った。

【プレミアリーグ】アーセナルとユナイテッドがマノラスを注視 今季ローマがCL出場権逃せば移籍の可能性も

今シーズン序盤は過去28年間で最低のスタートとなったユナイテッド。昨年12月にジョゼ・モウリーニョ氏を解任し暫定監督としてスールシャールが指揮を執ると、チームに活力が戻りプレミアリーグでは4位と2ポイント差の5位、UEFAチャンピオンズリーグでは準々決勝進出を果たしている。スールシャール暫定監督の下で復活を遂げたポグバは、17試合に出場し9ゴールを記録するなどチームに欠かせない存在に成長。ポグバ自身もスールシャールがクラブに到着してから「自由を手に入れた」と口にした。

【プレミアリーグ】ユナイテッドで悪夢の日々を送るサンチェス…給与ダウンでユーベ移籍か

「もちろんオーレにはチームに残ってもらいたい。素晴らしい結果を残しているからね。彼とは素晴らしい関係を築いているし、他の選手とも同様の事が言えるね。彼がハッピーなら選手たちもハッピーだ。彼はこのクラブの全てを知っているからね。以前は結果を得られなかったけど、今は自由を与えられ楽しくサッカーをしている」。またポグバは、モウリーニョ時代について聞かれ、「過去のことは話したくない。将来について話す方が好きだ。あの時は外部から色々言われて信頼を失っていた」と答えている。

スールシャール監督の残留を希望したポグバ