“7年後”のバロンドールはどうなってる!? 世界を支配しているのは誰だ

©株式会社FACTORIES

レアルのヴィニシウス  photo/Getty Images

先日、レアル・マドリードでブレイクする18歳のFWヴィニシウス・ジュニオールは25、26歳あたりでバロンドールを獲得したいとの希望を明かしていた。7、8年後に世界最高の選手になっているシナリオだが、スペイン『MARCA』はライバルも多いと伝えている。7、8年後にサッカー界を支配しているのは誰なのだろうか。

まず外せないのはパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペだ。20歳のムバッペはバロンドールを確実に獲得する選手の1人と見られており、2、3年後には獲得できるかもしれない。7、8年後には選手としてピークを迎えている可能性もある。

ムバッペと同じフランス代表FWウスマン・デンベレ(21)も候補に入るだろう。バルセロナではルイス・スアレス、リオネル・メッシと良い関係を築いており、不動の3トップの一角になっている。このままバルセロナで成長できればムバッペとも張り合えるはずだ。

21歳からはバルセロナ行きが決まっているオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、マンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードも期待を背負っている。昨年レアル・マドリードMFルカ・モドリッチがバロンドールを受賞したことを考えると、同じMFのデ・ヨングも狙えるはずだ。

ラッシュフォードもプレミアリーグで得点王を獲得できるほどの逸材となれば、バロンドールも見えてくるはず。あとは7、8年後までにマンUとイングランド代表でメジャータイトルを獲得できれば現実味が出てくる。

他にはチェルシー行きが決まっている20歳のMFクリスティアン・プリシッチ、現在世界最高の10代プレイヤーとも言われるドルトムントMFジェイドン・サンチョ、マンチェスター・シティFWレロイ・サネ、レアル・マドリードMFマルコ・アセンシオが候補者に挙げられている。

ヴィニシウスのライバルは多く、そう簡単にバロンドールは獲得できるものではない。ただ、7、8年後にはリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドもさすがにバロンドールを狙うのは難しいだろう。誰が世界を支配しているのかは非常に楽しみだ。