アストロズがバーランダーとの契約延長に向けて交渉中

©MLB Advanced Media, LP.

正三塁手のアレックス・ブレグマンとの契約延長(5年1億ドル)を発表したばかりのアストロズは、今季が契約最終年となるエース右腕、ジャスティン・バーランダーとの契約延長に向けて動いているようだ。関係者がMLB公式サイトのマーク・フェインサンドに伝えたところによると、両者は契約延長の実現に向けて前進しており、契約規模は2年6600万ドル前後になると見られている。オーナーのジム・クレインは、スプリング・トレーニング終了前に契約延長が実現するとの見通しを明らかにしている。

現在36歳のバーランダーは、2017年8月31日(現地時間)にトレードでアストロズへ加入し、その年のリーグ優勝決定シリーズでMVPに輝くなど、アストロズの球団史上初のワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。昨季は16勝9敗、防御率2.52の好成績をマークし、290奪三振と26度のクオリティ・スタートはリーグ最多の数字。サイ・ヤング賞の投票ではブレイク・スネル(レイズ)に次ぐ2位にランクインし、30代後半に突入しても、そのピッチングが全く衰えていないことを証明してみせた。

今季終了後にフリーエージェントとなる予定のバーランダーだったが、「僕はヒューストンで過ごす時間を本当に楽しんでいる」と語り、アストロズとの契約延長に前向きであることを明言していた。もちろん、アストロズもエース右腕との契約延長を望んでおり、相思相愛の両者が契約延長の実現に向けて動いているのは当然の流れと言える。

アストロズは今季の先発ローテーションのうち、バーランダーのほか、ゲリット・コール、コリン・マクヒュー、ウェイド・マイリーの3人も今季終了後にフリーエージェントとなる。バーランダーを含む4人全員が流出すれば、先発ローテーションの崩壊は不可避なだけに、バーランダーとの契約延長の可能性が高まっていることは朗報だ。なお、コールもアストロズとの契約延長に前向きであることが報じられており、こちらの動向にも注目が集まっている。