【代表】新“10番”パケタのゴールも…ブラジルが格下パナマとドロー 南米王者チリはメキシコに敗戦

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

23日に世界各地で親善試合が行われ、ブラジル代表がパナマ代表と対戦。南米王者チリ代表はメキシコ代表との一戦を迎えた。

【リーグ・アン】PSGがFFP違反を回避!ネイマール&エムバペの移籍金が調査の対象に

ネイマールが負傷離脱中のブラジルは代役として21歳のルーカス・パケタが背番号「10番」を背負い、前線にはロベルト・フィルミーノやリシャルリソンなどプレミアリーグで活躍する選手がスタメンに名を連ねた。ロシアワールドカップ以降負けなしを誇るブラジルは、32分に右サイド付近からカゼミロが絶妙なクロスを上げると、走り込んだパケタが左足で押し込んで先制に成功する。しかし、4分後にパナマに同点に追い付かれ試合は振り出しに戻り、その後は追加点を挙げることが出来ず。ブラジルが格下パナマ相手に1-1の引き分けに終わった。

新「10番」パケタがゴールを決めるも格下パナマにドロー

【代表】コパ・アメリカのグループ組み合わせが決まる!日本はウルグアイら強豪国と同組に

ロシアワールドカップ予選敗退から再起を図るチリは、バルセロナのアルトゥーロ・ビダルが先発出場を果たしチームを牽引する。ただ、アレクシス・サンチェスが負傷で招集されていないことが影響し、攻撃に迫力を欠いて得点が奪えない。すると、52分にPKで失点を喫してから守備が崩壊し、64分と65分に立て続けに被弾して1-3と敗戦。チリは攻守において課題を残す結果となった。

3失点を喫しチリがメキシコに敗戦