ハリー・ケイン「サッカー以外に挑戦したいスポーツ」があると激白

©株式会社コリー

『ESPN』は27日、「イングランド代表FWハリー・ケインは、いずれNFLでプレーしたいと話した」と報じた。

トッテナムの下部組織で育成されたケインは、トップチームに昇格してからストライカーとしてすぐさま才能を見せつけ、エースとして活躍を続けている。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

若くしてサッカー選手として世界最高クラスの人物になった彼であるが、シンパシーを抱いているスポーツ界の英雄はアメリカンフットボールの名クォーターバックであるトム・ブレイディなのだそう。

プロになる前はそれほど期待されていなかったにもかかわらず、選手となってから大きな成長を遂げたという点で共通点を感じているようだ。

ケインは以下のように話し、いつかNFLでプレーしてみたいと考えていることを明かしたという。

ハリー・ケイン 「僕はYoutubeでトム・ブレイディのことを見始めたんだ。

我々は同じような道を歩んでいた。若いことからね。おそらく、小さな頃は最高のアスリートではなかった」

「ブレイディのドキュメンタリーは大きなインスピレーションを与えてくれた。彼があれほどいい選手になるとか、NFLでプレーすることになるとか考えていた人はあまりいなかった。

しかし彼は歴史上最高のクォーターバックになった。当時これは僕に大きな後押しを与えてくれたよ。

自信とモチベーション、そしてハングリー精神を持っていれば、誰もがそうなれる」

(クライヴ・アレンのように、NFLに挑戦したい?)

「それは間違いない。10~12年の間にトライしてみたいことの一つだね。もしプレミアリーグ、ワールドカップ、そしてNFLでプレーしたとなればどうだい。

スポーツの歴史上最も偉大な選手の一人と考えてもらえるんじゃないかな?」

クライヴ・アレンは1961年生まれの57歳で、かつてトッテナム・ホットスパーで100試合以上に出場した名ストライカーである。

【関連記事】「二刀流」を目指して…他競技に挑戦したサッカー選手たち

彼は1995年にサッカー選手としてのキャリアを終えた後にNFLヨーロッパでアメリカンフットボールに転向。プレースキッカーとしてロンドン・モナークでプレーしたという珍しい人物だった。