【MLB】加藤豪将が綴った、イチローへの溢れる思い「人生が変わった」「雲の上の存在」

©株式会社Creative2

加藤豪将(左)とイチロー【写真:Getty Images】

少年時代の“出会い”、合同自主トレなどの思い出と感謝も綴る

 ヤンキース傘下3Aスクラントンに所属する加藤豪将内野手が米メディア「プレーヤーズ・トリビューン」で現役引退したイチローへ感謝の思いを綴っている。

 6歳の時に父親に連れられ、サンディエゴで行われたパドレス・マリナーズ戦を観戦。加藤の両親は共に日本人で、海を渡って米国へやってきた。唯一のアジア人だったイチローに自身を重ね合わせたという。

「彼のパフォーマンス、そして振舞いは、慣れない環境によって悪影響を受けたりはしませんでした。周りとは違うという現実を彼はしっかりと受け止め、自信を持って振舞っていたのです。彼の姿が、僕には勇気の表れだと映りました。そして、その日からイチローさんの虜になりました。時間が許す限り、彼のプレーを見ました。とにかくイチローさんのようになりたかったのです」

 異国で躍動するイチローとの“出会い”は全てがプラスに働いた。幼稚園では日本語しか話せず友達ができなかったが、「イチローさんのプレーを見ることで、僕はクラスメートたちに話しかける勇気をもらったのです」と、仲が良い本当の友達を見つけることができたという。

「イチローさんは僕に、アメリカ社会に溶け込む勇気を与えてくれました。新たな友達を作り、途切れることのない関係を築いてくための勇気です。僕の人生は変わりました」

 野球でも同じだった。現在は188センチ、91キロとガッチリした体格だが、プロ入り前は「野球チームでは一番小柄」だったという。強靭で屈強なメジャーリーガーの中で活躍するイチロー。華奢だった自身は勇気をもらった。打ち方もイチローの影響で左打ちに変えた。

「お疲れ様でした、イチローさん。あなたは雲の上の人です」

「イチローさんはアメージングな才能を持っていました。しかし、本当の強みは野球への向き合い方、取り組み方なのです。可能な限り鍛錬を積み、完成度や安定感を得るために、彼は毎日練習を続けました。僕も最高の選手になるために、野球の向き合い方、取り組み方を真似ようとしました」

 2013年ドラフト2巡目(全体66位)でヤンキース入り。マイナー施設での打撃練習に招待され、レジェンドと初対面した際は「夢がかないました。そこでの出来事はほとんど覚えていません」と興奮状態だったという。その後はメールで打撃技術などについて質問したことがきっかけで、オフに日本で自主トレに誘われた。「とても長く、ハードな練習でした。しかし、本当に楽しい時間でした。僕とイチローさん2人だけで練習を楽しみました」と振り返っている。

 イチローの現役最後の試合となった21日のアスレチックス・マリナーズ戦はチームバスでの移動中に携帯でチェック。「僕の気持ちは感謝と尊敬だけでなく、これがイチローさんの素晴らしいキャリアの最後になってしまうという深い悲しみでも胸がいっぱいになりました。あの日ドームにいたファンの人たちには感動しました。なぜなら、イチローさんが彼らにとって、そして世界中の数多くのファンにとってどのような存在かを、彼本人へ示そうとしていたのですから」と綴り、最後にこう締めくくっている。

「ありがとうございます、イチローさん。僕を日本での練習に誘っていただいてだけでなく、これまでにあった他の全てのことにも感謝しています。若い選手たちに、このような素晴らしい見本をみせてくれて、ありがとうございます。私たちが共に愛する野球に強い影響をもたらしてくれたこと。そして、選手としても人としても、僕に永遠に続いていく影響を与えてくれたことに感謝します。お疲れ様でした、イチローさん。あなたは雲の上の人です」

 昨季は2Aトレントンで118試合出場し、打率.229、5本塁打、35打点、11盗塁をマーク。今季は7年目で初めて3Aに昇格した。同じ舞台で舞台でプレーできなかったが、イチローへの感謝の思いを胸にメジャー昇格を目指していく。(Full-Count編集部)