リカルド&ヒュルケンベルグが初のダブルQ3進出「レッドブルの1台に勝てたかもしれない」:ルノーF1中国GP土曜

©株式会社サンズ

 2019年F1中国GPの土曜予選で、ルノーのダニエル・リカルドは7番手、ニコ・ヒュルケンベルグは8番手だった。

■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 予選=7番手
 チームにとっていい結果を出すことができて、すごくうれしいよ。2台揃ってQ3に進出できて本当に良かった。堅実な結果だ。
 無線でチームが大喜びしているのが分かった。いい日になったね。

 中団の争いはすごくタイトで、わずかコンマ1秒か2秒の差で週末の状況が変化してしまうほどなので、中団勢のトップに立ててうれしい。

 Q3でのラップは最終セクターで少し乱れてしまったので、7番手だったと聞いた時はうれしかった。現実的に考えると、明日はトップ7の位置をキープできればまずまずといったところだろう。6位を目指せるかどうかは状況次第だね。

2019年F1第3戦中国GP ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)のスペシャル仕様のヘルメット

ニコ・ヒュルケンベルグ 予選=8番手
 チームとしてすごくいい結果だ。週末を通してマシンのフィーリングは良く、いいパフォーマンスを見せてきたし、今日の予選もスムーズだった。1回のランでQ2に進出できたのもいい気分だった。自分のすべてのラップに満足している。

 接戦になることは分かっていて、実際にそうなった。大事なことはチームの結果で、このポジションからいいレースができるだろう。昨日のロングランのペースはコンペティティブで、パッケージ全体の感触がいいので、ダブルポイントフィニッシュを目指してプッシュしていくよ。

(6番手のレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーと0.032秒差だったことについて聞かれ)レッドブルの1台に勝てた可能性はあった。そうはいっても、トップ6のマシンとの力の差はまだ大きいけどね。