WRC:トヨタ、アルゼンチン・チリの南米連戦へ。「チームにとって新たなチャレンジ」とマキネン

©株式会社サンズ

 2019年のWRC世界ラリー選手権に3台のトヨタ・ヤリスWRCを投じているTOYOTA GAZOO Racing WRT。チームが挑む次の戦いは“リンクドラリー”に位置づけられた4月25~28日の第5戦アルゼンティーナ、5月9~12日の第6戦チリの南米2連戦だ。

 3月上旬に行われた第3戦メキシコを終えた時点で両チャンピオンシップでトップにつけていたトヨタ勢。しかし、3月末の第4戦ツール・ド・コルスでは苦戦を強いられ、ドライバーズランキング、マニュファクチャラーズランキングともに3位まで後退している。

 ランキング上位奪還を狙うラリー・アルゼンティーナとラリー・チリはどちらも南米大陸が舞台のイベント。この2大会は“リンクドラリー”に定義されているため、ワークスチームはラリー・アルゼンティーナを走り終えたマシンと同じシャシー、エンジン、トランスミッションを使用してラリー・チリを戦わなければならない。

 また、ショックアブソーバーなどのパーツ類はスペアを含めてラリー・アルゼンティーナ用に用意したものを再使用しなければならないため、チームは2連戦を踏まえたセットアップとパーツの準備を整え、アルゼンチンへ向かうことになる。

 連戦初戦となるラリー・アルゼンティーナは、南米初のWRCとして1980年に開催された人気の高いイベント。競技はグラベル(未舗装路)で争われ、谷間を抜けるルーズ路面のステージや、石や岩が転がる山岳地帯など、バリエーション豊かな路面がドライバーを待ち受ける。

 競技は25日(木)夜、サービスパークが置かれるビジャ・カルロス・パスの市街地に設定されたスーパーSSのSS1で開幕する。26日(金)はSS2~8までの7SSが行われ、27日(土)はSS9~15までの7SS、最終日の28日(日)はSS16~18の3SSで争われる。

 ステージ上位5名にボーナスが与えられるパワーステージはSS18に設定。全18SSの合計距離は347.50km、リエゾン(移動区間)を含む総走行距離は1297.56kmだ。

■WRC南米連戦2戦目は初開催のチリ。アルゼンチンとは特徴異なるグラベル戦

 このラリー・アルゼンティーナから1週間のインターバルを経て行われるラリー・チリは、2019年シーズンに初めてWRCカレンダー入りを果たした1戦だ。

 このイベントもグラベルで争われるが、平坦でスムーズな路面で争われるため、ラリー・アルゼンティーナとはキャラクターが異なる路面を走ることになる。SSはチリの森林地帯を中心に設定されるが、一部は太平洋を伺うようなコースも存在する。

 サービスパークはチリ中南部の都市、コンセプシオンにある飛行場に設営。競技は5月10日(金)に行われるSS1~6までの6SSで幕を開ける。このうち、SS2とSS4は大会最長の30.72kmを走るロングステージだ。

 11日(土)はSS7~12までの6SSが行われ、最終日の12日(日)はSS13~16までの4SSが行われる。パワーステージは最終ステージのSS16に設定された。

 全16SSで構成されるラリー・チリの合計距離は304.81km。リエゾンを含む総走行距離は1245.68kmだ。

 チーム代表を務めるトミ・マキネンは「前戦のツール・ド・コルスでは、期待していたような結果を残せなかった。しかし、次の南米2連戦に向けては十分な自信がある」と反撃を誓う。

「アルゼンチンは、我々のドライバーを含む皆が良く知っているラリーだ。オット(タナク)はアルゼンチンでとても強く、昨年は我々に優勝をもたらしてくれた。きっと、今年も十分にチャンスがあると思っているはずだ」

「また、ヤリ-マティ(ラトバラ)とクリス(ミーク)もアルゼンチンを得意としている。続くチリは、すべてのチームにとって未知なるラリーだが、路面は非常にスムーズなようだし、我々のクルマに合っていると思う」

「今後のグラベルラリーに向けて、ポルトガルでテストを行ない、グリップとトラクションをさらに高めるため、サスペンションの改善に努めた」

「2戦連続でラリーを戦うことは、チームにとって新たなチャレンジだ。2戦の間に現地でクルマを組み直すのは初めてだが、メカニックの作業があまり多くならないことを願っているよ」

2018年のラリー・アルゼンティーナで優勝したオット・タナク(右)

 2018年にラリー・アルゼンティーナを制したタナクは「昨年、チーム加入後最初の勝利を収めたのはこのラリーだし、今年も同じ結果を狙っている」と語った。

「アルゼンチンのハイスピードなステージと路面コンディションは、我々のクルマに本当に合っていると思う。しかし、一部の路面は非常に荒れており、とても過酷なラリーだから、細心の注意を払って走らなければならない」

「次のチリに関しては、今まで行ったことすらないし、どうなるのか予想できない。事前に分かることは限られているし、現地に入ってレッキで走った時に初めて、どのようなステージなのか、その全体像が見えるだろう」

 開幕4戦を終えて、ベストリザルトは第1戦モンテカルロの5位と苦戦を強いられているラトバラは「今、僕のモチベーションは非常に高く、これからふたつのラリーを戦うことが楽しみで仕方ない」とコメント。

 2015年のラリー・アルゼンティーナでWRC初優勝を遂げているクリス・ミークは「今季、(トラブルに見舞われた)メキシコとツール・ド・コルスではより良い結果が得られたはずだから、アルゼンチンではクリーンな走りで最高の結果を目指す」としている。