「僕がエムバペになれなかったのはモイーズのせい」 ザハがボソリ

©株式会社コリー

『Daily Mail』は20日、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハのインタビューを掲載した。

若くしてパレスでブレイクし、2013年1月にマンチェスター・ユナイテッドと契約したザハ。半年間古巣に残ったあと、オールド・トラッフォードへと移籍した。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

しかしそこでは出場機会に恵まれず、結局カーディフ・シティとクリスタル・パレスへのローン移籍を経験。2015年に古巣へ完全移籍で復帰した。

その後はプレミアリーグで継続的な活躍を見せており、今季は8ゴール8アシストとチームを牽引。多くのクラブが彼の獲得を狙っていると言われる。

ザハはこれまでのキャリアについて以下のように話したとのこと。

ウィルフリード・ザハ 「より良くなるために、自分にできることを達成するため、僕は最高レベルでプレーしたい、トロフィーを勝ち取りたいという欲望を持たなければならない。

僕は非常に野心的なんだ。トップクラブでプレーするだけでなく、クラブレベルでもコートジボワール代表でも何かを勝ち取りたいと。

選手としての生活の中で、ここまでたどり着けたことは幸せだ。しかしその一方で、もっとやらなければならないことが多くあるように感じている。

チャンピオンズリーグを経験しなければいけない。チャンスが必要なんだ。それだけだ。そうなれば、あとはやるだけだ」

(2013年夏、マンチェスター・ユナイテッドに加入したときのことは?)

「それは一生に一度の機会だったね。マンチェスター・ユナイテッドでプレーするチャンスだった。望んでいたことを超えたものだったよ。

僕はあらゆるトレーニングセッションで死に物狂いになり、自分に何ができるかを見せようとした。

しかし、彼(モイーズ)は僕をチャンピオンズリーグのメンバーから外して、アドナン・ヤヌザイを入れた。ファーストチームでプレーしたことのない選手をだ。

僕は知った。これは僕が考えていたよりも厳しいなと。サッカーの理由を超えたものだからね。

サッカーの能力や技術と関係なく何かが動かされた時、僕に何ができるっていうんだい」

(監督がライアン・ギグスに代わり、そしてルイス・ファン・ハールがやってきたね)

「ルーニーは僕に言ってくれたよ。『君は最高の練習をしてきたね』と。

そして僕はミーティングに行ったが、『我々は君が十分だと感じていない』と言われてね。だから『そうか。じゃあローンに出してほしい』と答えたよ。

公平なチャンスが与えられず、さらにあのようになった。僕はより傷つけられたよ。そんなときにどうすればいいのか。

【関連記事】サッカー史上、最も謎だった移籍TOP5

僕はキリアン・エムバペやウスマヌ・デンベレらを見て思うんだ。自分は選手として同じようなタイプだが、彼らは選手としてプレーするだけのプラットフォームを与えられた。

自分は毎日TwitterやInstagramに逃げたかったし、なにかを言いたかったが、それは出来なかった。プロフェッショナルではないことだからね」