【プレミアリーグ】アーセナルが苦手アウェイ戦でレスターに挑む!シティ唯一の心配はコーナーフラッグの予備? 第36節プレビュー〜Part2〜

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

プレミアリーグ2連敗とトップ4フィニッシュに暗雲が立ち込めるアーセナル。目標達成のためには、異様に苦手なアウェイ戦克服が至上命題に。マンチェスター・シティは初のリーグ連覇を目指す。

【プレミアリーグ】アーセナルが第2のトレイラを発掘⁉ サンプドリアのベルギー代表MFをリストアップ

今節レスター・シティの本拠地キングパワー・スタジアムに乗り込むアーセナルは、同カードで直近24試合16勝7分1敗と抜群の成績を収めている。さらに今試合は現地時間で正午に開催されるが、リーグ戦においてアーセナルは同時間キックオフで一度も負けたことがない(15勝4分)。またピエール=エメリク・オーバメヤンはレスター戦に出場した最近2試合で3ゴールを挙げており、昨年10月に行われた前回対戦では2得点を叩き出している。

岡崎が出場した前回対戦ではアーセナルが逆転勝利

【プレミアリーグ】コンディションの差がそのまま結果に!2発完封のシティが伝統のダービーを制す!

“ビッグ6”との2連戦で勝利したシティは、今節アウェイでバーンリーと対戦する。今季シティはFAカップを含めバーンリーとの2度対決し、いずれも5-0と大勝。今節も5得点以上を決めれば、イングランドリーグ史上初の1シーズンで同じ相手に5ゴール以上で3回勝利したチームとなる。またセルヒオ・アグエロはバーンリーをお得先としていて、出場した直近7試合で8回ネットを揺らしている。ちなみに、前回対戦ではカイル・ウォーカーがコーナーフラッグを誤って蹴ってしまい、根元からへし折れた事が話題となった。

前回対戦ではコーナーフラッグがへし折れた事で話題に