カージナルスがシャーザー撃破 マイコラス3勝目

©MLB Advanced Media, LP.

【カージナルス5-1ナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

カージナルスはナショナルズ先発のマックス・シャーザーを攻略し、ナショナルズに3連勝。敵地ナショナルズ・パークでの4連戦の勝ち越しを決めるとともに、連勝を5に伸ばした。カージナルスはシャーザーの立ち上がりを攻め、一死からポール・ゴールドシュミット、ポール・デヨング、マーセル・オズーナ、ホゼ・マルティネスの4連打で3点を先制。その後、シャーザーから追加点を奪えなかったものの、先発のマイルズ・マイコラスが6回1失点の好投でシャーザーに投げ勝った。マイコラスは今季3勝目をマーク。一方、シャーザーは2回以降立ち直ったものの、立ち上がりの3失点が大きく響き、今季4敗目を喫した。

3回までナショナルズ打線を1安打に抑えたマイコラスは、4回裏に連打で無死一・三塁のピンチを背負い、一死後にヤン・ゴームスのサードゴロの間に1失点。しかし、直後の二死満塁の場面ではマイケル・A・テイラーをセンターライナーに打ち取って最少失点で切り抜けた。5回裏と6回裏も得点圏に走者を背負ったものの、後続を抑えて無失点。結局、6回99球を投げて7安打を浴びながらも、1失点に抑える上々のピッチングとなった。3対1とカージナルスが2点をリードして迎えた8回表、カージナルスは無死二・三塁からヤディアー・モリーナのタイムリーで1点を追加し、さらに一死一・三塁からハリソン・ベイダーのショートゴロが相手守備のミスを誘発して5対1。このリードを防御率0点台のジョン・ブレビアが2回無失点の好リリーフで守り抜き、ナショナルズ4連戦の勝ち越しを決めた。