中日大野雄、3安打自己最多タイ13Kの快投&チーム初完封で3勝目 広島連勝4でストップ

©株式会社Creative2

中日・大野雄大【写真:福谷佑介】

3安打13奪三振で2017年9月6日対巨人戦以来の完封勝利を挙げた大野雄

■中日 5-0 広島(7日・ナゴヤドーム)

 中日は7日、本拠地での広島戦を5-0で勝利した。平田が4安打1打点、高橋も4安打2打点の活躍を見せなど計13安打6得点と打線が爆発。投げては先発の大野雄がチームで今季初、自身でも2017年9月6日対巨人戦以来の完封勝利で3勝目を挙げた。

 両チーム無得点で迎えた2回。中日は無死一塁から高橋のタイムリー二塁打で先制。さらに3回は無死一、三塁から併殺崩れの間に1点を追加しビシエド、阿部、高橋の3連続タイムリーで一挙4点を奪った。

 先発の大野雄はカープ打線を9回3安打無失点、自己最多タイ13奪三振の快投。2017年以来の完封勝利で3勝目を挙げた。広島は打線が沈黙し連勝は4でストップした。(Full-Count編集部)