【チャンピオンズリーグ】“アンフィールドの奇跡”再来!4発完勝でリバプールが2シーズン連続決勝進出!

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

現地時間7日にUEFAチャンピオンズリーグ2ndレグが開催され、リバプールが本拠地アンフィールドにバルセロナを迎えた。

1stレグで3失点完敗を喫したリバプールは、大量ゴールでの勝利が求められるものの、直近のリーグ戦でモハメド・サラーが脳震盪で倒れたため欠場。肉離れを引き起こしたロベルト・フィルミーノも出場不可となり、ディボック・オリギやジェルダン・シャキリが代わりにスタメンに名を連ねた。

【チャンピオンズリーグ】3点ビハインドにサラー欠場…絶体絶命のリバプールは奇跡を起こせるか⁉ ~準決勝2ndレグプレビュー~

とにかくゴールを奪わなければならないリバプールは開始7分、バルサのジョルディ・アルバのバックパスを奪ったサディオ・マネが、ジョーダン・ヘンダーソンにパスを送る。左足のシュートはバルサのGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンに阻まれるものの、こぼれ球をオリギが押し込み先制。リバプールがまずは1点を返す。守備面では無失点が必須条件の中、リオネル・メッシを中心にバルサがリバプールのゴールに襲いかかるも、GKアリソンの好判断が光り決定機を与えず。1点リードで試合を折り返す。

【プレミアリーグ】伏兵オリギの一撃でリバプールが打ち合いを制す!二人退場者出したトッテナムはアウェイで惜敗…

後半開始早々に、リバプールは足の痛みを訴えていたアンドリュー・ロバートソンに代わりジョルジニオ・ヴァイナルダムを投入。するとこの采配がドラマのような展開を生み出す。54分に高い位置でボールを奪取したトレント・アレクサンダー=アーノルドが右サイドからクロスを供給し、DFに当たってコースが変わった所にヴァイナルダムが反応。右足で合わせ追加点を挙げる。何かが起こる気配が漂うと、2分後には左サイドから上げたシャキリのクロスに、ヘディングで合わせたのはまたもヴァイナルダム。出場からわずか10分程度で結果を出し、ついにリバプールが2戦合計で同点に追いつく。

【チャンピオンズリーグ】アンフィールドではセレブレーションを行わないと語るスアレス「リバプールファンには申し訳ない」

ざわめき出すアンフィールドと焦りの色を隠せないバルセロナ。頼みの綱メッシがイバン・ラキティッチとのワンツーでディフェンスラインの背後に抜け出して左足で狙うも、リバプールDF陣が決死の守備でコースを限定しゴールを与えない。するとリバプールに歓喜の瞬間が訪れる。右からのCKを獲得しアレクサンダー=アーノルドがボールをセットすると、意表を突きクイックリスタートを敢行。バルサの選手は準備が間に合わず対応に遅れ、唯一反応していたオリギが右足で合わせてついに逆転弾。機転を利かせたプレーでリバプールが4-0で勝利を収め、2戦合計4-3で2シーズン連続の決勝進出を果たした。

試合結果
リバプール 4-0(Agg.4-3) バルセロナ
リバプール:ディボック・オリギ7’79’/ジョルジニオ・ヴァイナルダム54’56’

再びリバプールがアンフィールドで奇跡を起こす