ユニフォームで振り返るCL決勝~1997-98 ユヴェントス対レアル・マドリー

©株式会社コリー

欧州強豪による激闘の末、トッテナムとリヴァプールが勝ち残った2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。

現地時間6月1日に行われる注目の決勝を前に、過去の決勝戦で使用されたユニフォームを振り返っていきたい。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

今回は、1997-98シーズンの決勝、ユヴェントス対レアル・マドリーをお届け。

ユヴェントス(Kappa)×レアル・マドリー(Kelme)

優勝したレアル・マドリーはKelmeとの契約最終年を有終の美で飾り、翌シーズンからadidasとのパートナーシップが始まる。今ではあまり見られなくなった白と紫の配色が特徴的なデザイン。

ユヴェントスは3年連続の決勝進出。その全てで日本企業「SONY」のスポンサーロゴを掲出していた。このシーズンは左胸にスクデットワッペンを付けたため、チームエンブレムは左袖に移動している。

1997-98 UEFAチャンピオンズリーグ決勝

1998年5月20日

ユヴェントス 0-1 レアル・マドリー

@アムステルダム・アレナ

ミヤトヴィッチ(66分/レ)