V長崎 今季初の3連勝 徳島に1-0 暫定6位に

©株式会社長崎新聞社

【V長崎-徳島】前半16分、V長崎の呉屋(右から2人目)がトラップで相手を抜き去り先制点を決める=諫早市、トランスコスモススタジアム長崎

 明治安田J2第15節第1日(25日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=6試合)V・ファーレン長崎は呉屋の3試合連続ゴールで徳島に1-0で競り勝ち、今季初の3連勝を飾った。通算成績は7勝3分け5敗(勝ち点24)。前節の9位から暫定6位に浮上した。
 V長崎は前半16分、敵陣深くで翁長がロングスロー。クリアボールを拾った亀川からパスを受けた角田がゴール前に浮き球を送ると、呉屋が胸トラップで相手を振り切り、右足でゴールに流し込んだ。その後は守備的な布陣で徳島の猛攻をしのぎ、前節に続く完封勝利を挙げた。
 上位争いは水戸が1-0で愛媛に競り勝ち、勝ち点30で暫定首位に立った。甲府は2-1で横浜FCを下し、同26。山口に勝った京都も同26とした。
 第15節最終日は26日、5試合を実施。第16節は6月1、2日、各地で計11試合が行われ、V長崎は2日午後4時から千葉市のフクダ電子アリーナで千葉と対戦する。

【V長崎-徳島】前半37分、V長崎の角田(中央)が体を寄せてディフェンスする=トラスタ