チリーノスが5回ノーヒッターの快投 レイズ快勝

©MLB Advanced Media, LP.

【ブルージェイズ3-8レイズ】@トロピカーナ・フィールド

レイズは先発のヨニー・チリーノスが5回69球を投げてブルージェイズ打線を無安打無得点に封じる快投を見せるなど、投手陣がブルージェイズ打線をわずか4安打に抑え、8対3で快勝。本拠地トロピカーナ・フィールドでの同地区対決3連戦の初戦を制した。オープナーに続く2番手投手として起用されることも多いチリーノスだが、この日は純粋な先発投手として5回ノーヒッターの見事なピッチングを披露。中堅ケビン・キアマイアーの超美技に助けられる場面もあったが、走者を許したのは2つの四球を与えた2回表だけだった。好投したチリーノスは今季6勝目(1敗)をマーク。右手中指の爪剥離により3回64球1失点で早期降板となったブルージェイズ先発のアーロン・サンチェスは今季5敗目(3勝)を喫した。

チリーノスが好投を続けるなか、レイズは2回裏二死二塁からオースティン・メドウズのタイムリーで先制し、4回裏にはトミー・ファムのタイムリー二塁打でリードを2点に広げたあと、タイムリーを放った崔志萬(チェ・ジマン)が捕手ルーク・メイリーの送球エラーの間に生還して4対0。7回表に4番手のハンター・ウッドがジョナサン・デービスにメジャー初アーチとなる1号2ランを浴びたものの、8回裏にダニエル・ロバートソンの2点タイムリー二塁打とメドウズの11号2ランで4点を追加して試合を決めた。その後、9回表に6番手のアダム・コラレックがフレディ・ギャルビスに8号ソロを浴びるも、8対3で試合終了。1番のメドウズは3安打3打点、8番のトラビス・ダーノウも3安打3得点の活躍でチームの勝利に貢献した。