【MLB】大谷翔平の“超低空弾丸ライナー弾”に米解説者も唸る「反対側に速い打球!」

©株式会社Creative2

3号本塁打を含む2安打2打点と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

レフトへ打球速度172キロ&最高到達点16Mの一発「素晴らしいスイング」

■マリナーズ 4-3 エンゼルス(日本時間6月1日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5月31日(日本時間1日)、敵地マリナーズ戦に「3番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場し、4打数2安打2打点と今季6度目のマルチ安打をマークした。6回の第3打席で、超低空の左越え3号ソロ。8回の第4打席では1点差に迫る左前適時打も放った。チームは3-4で敗れたが、地元メディアは10試合ぶりのホームランを打った大谷を「アグレッシブだった」と称えた。

 敵地に快音が響いたのは6回だ。まずは2死からトラウトがソロ弾。2点差に迫ると、続く大谷はリークの初球のシンカーを捉えた。左翼フェンス奥のブルペンにライナーで飛び込む今季3号。2者連続、2球連続でのホームラン。これが今季2度目、通算6度目の「トラウタニ弾」となった。

 地元テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」の“名物コンビ”も興奮。実況のビクター・ロハス氏が「ショウヘイが反対側に打ちました。入りました! 2者連続本塁打です! オオタニサンの今季3本目です!」と伝えると、解説を務めていたメジャー通算132勝のエンゼルスOB右腕、マーク・グビザ氏も「ショウヘイ・オオタニ、反対側に速い打球でした!」と続いた。

 ロハス氏が、エンゼルスにとってこれが今季初の2者連続弾だったことを伝えると、グビザ氏は「また早いカウントでアグレッシブでしたね」と初球を打った大谷を称賛。さらに、「ショウヘイ、素晴らしいスイング。早いカウントでアグレッシブでした」と続け、大谷がいかに「アグレッシブ」だったかを強調した。

 この日のホームランは、飛距離362フィート(約110.3メートル)、打球速度107マイル(約172.1キロ)、角度20度、最高到達点52フィート(約15.8メートル)の逆方向への“超低空ライナー弾”。チームは接戦を落としたが、専門家も唸った一発でさらに調子を上げていきたいところだ。(Full-Count編集部)