最終ステージでリタイアしたミーク「完全に自分のミス。チームに申し訳ない」/2019WRC第7戦ポルトガル デイ3後コメント

©株式会社サンズ

 6月2日に行われた2019年のWRC世界ラリー選手権第7戦ポルトガルの競技最終日。戦いを終えて各ドライバーたちからコメントが発表されている。

■トヨタ

●オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)/総合1位

2019年のラリー・ポルトガルを制したオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)

「表彰台の1番高い場所に立ち、とてもいい気分だった。今週末は本当に長くタフな戦いが続き、これまででもっとも苦労して手に入れた勝利だと断言できる」

「金曜日は、不利な出走順であったにも関わらず、高いパフォーマンスを発揮した。土曜日はかなり厳しい戦いを強いられたけど、今日は速さが十分あり、すべてがうまくいったよ」

「最初のステージは大量のダストで視界が非常に悪かったから、少し慎重に走ったんだ。しかし、その後はマージンをとりながらも攻め、差を大きく拡げることができた。選手権争いはかなり接戦だけど、次戦サルディニアでは、いい出走順でラリーに臨めると思う」

●ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)/総合7位

ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)

「今朝は再出走することができたから、トップ10に入りポイントを獲得することを目標に走った。パワーステージでは、前を走っていたクルマが道を塞ぎレッドフラッグが出たので、ベストタイムを狙えなかったんだ。しかし、総合7位に順位が上がり、貴重なポイントを獲得できたのは、特にチームにとって良かったと思う」

「昨日(競技2日目)は本当に速く、いい走りができていたから、個人的には満足できない結果だが、自分たちにスピードがあり、クルマも速かったという事実が何よりも重要だ。次のラリーでは、ポジティブに戦えると信じているから、とても楽しみだ」

●クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ3リタイア

「今朝は総合3番手の選手(ティエリー・ヌービル)との差を拡げることに成功し、いいスタートを切った。その差を保ち続けようとしたんだけど、最後から2番目のステージでスピンをして遅れてしまった」

「最終のパワーステージで得られるボーナスポイントは、自分にとってそれほど重要ではなかったから、無理をしてまで狙うつもりはなかった。しかし、右コーナー内側の草のなかに木の切り株が隠れていたのを見落とし、自分のペースノートに記していなかったことで、それに当たってタイヤが外側に開いてしまった」

「完全に自分のミスだし、それまでは非常に力強くラリーを戦えていたから、チームに申し訳なく思う。ただし、自分にとっては今までで1番、クルマのポテンシャルを引き出せたラリーだったから、気持ちを切り替え、今週末の戦いをポジティブに捉えたいと思う」

■ヒュンダイ・モータースポーツ

●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)/総合2位

2019年のラリー・ポルトガルで総合2位に入ったティエリー・ヌービルとニコラス・ギルソウル

「(前戦ラリー)チリで大きくクラッシュした後、戦いに戻ることが重要だった。すべてがスムーズな週末というわけではなかったけれど、何度かのステージ優勝も含めて、強力なペースを見せることができた。全体的に、総合2位の座は喜べると思うよ」

「金曜日のオープニングステージ(SS1)で失ったタイムは、最終的な総合首位とのタイム差とほとんど同じだった。今日はさらにプッシュしていくための正確さが少々欠けていたが、全体的には良い結果となった」

「シリーズ折り返しを迎えて、チャンピオン争いは拮抗している。ここまで接戦になっていると一切のミスが許されないから、チームとともにこれからもプッシュしていくよ」

●セバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ3リタイア

セバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC)

「午前中のステージではいくつか新しい発見があり、走行を楽しんだよ。問題が起きなかったわけではないが、全体として経験を積むことができた。ルートは高速で道幅も狭かったが、マシンのフィーリングは素晴らしかった。ファンからの声援もうれしかったね」

「何度か競争力のあるタイムを出すことができた。これはこの週末に好成績を掴む可能性もあったことを示している。厳しいラリーの後で、チームが表彰台フィニッシュを飾ったことを喜んでいるよ」

●ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)/総合23位

ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)

「(マシントラブルで順位を落とした)金曜日の落胆と不満は考えないようにしていた。とにかくポルトガルの素晴らしいステージを楽しだよ。激しくプッシュして、すべての観客が見つめるなか(SS17とSS20の)ファフェでジャンプを披露するのは特別な気分だよ」

「今週末はチーム全体で最大限の努力をした。だから僕たち全員が(ヌービルの)表彰台獲得の喜びを分かち合ってもいいと思う。たとえ自分自身で表彰台を掴んだほうがうれしいことだとしてもね」

■Mスポーツ・フォード

●エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)/総合5位

エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)

「週末のスタートはすごくよかった。パーフェクトではないけれど、ペースもあった。当然、金曜のトラブルであれほど大きくタイムロスしたのは残念だったけれど、こういうこともある。その後は全力を尽くした。正直言って、総合5位は金曜の夜、僕たちが望んでいた以上の結果だよ」

●テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)/総合4位

テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)

「この結果に満足している。金曜午後のトラブルは残念だったよ。そのおかげで、残りの週末はいい出走順を獲得できなかったからね。だけど、金曜午前のペースは素晴らしかった。それに、今日パワーステージでポイントを獲得できたこともよかった」

●ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)/デイ3リタイア

最終ステージのSS20でクラッシュしたガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)

「すごくいい週末だったよ。どういうわけかすべてがうまくいったようで、正直なところ、すぐにスピードが出せたんだ。週末のほとんどでエルフィン(エバンス)やテーム(スニネン)と争うことができた。WRカーのデビュー戦で、そんなことは予想していなかったよ」

SS20でクラッシュしたガス・グリーンスミスのフォード・フィエスタWRC

「最終日に”掃除役”を務めたのは、また別のチャレンジだったけれど、全体的にはいい経験だった。ジャンプでのトラブルは残念だったよ。ゴールから残り200メートルのところでラリーが終わってしまったから少し感情的になったけれど、全体的にはかなりポジティブな週末だった」

■シトロエン・レーシング

●セバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)/総合2位

セバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)

「今週末に(総合3位とパワーステージのボーナスをあわせて)20ポイントを獲得できるとは思っていなかった。僕たちの出走順から、このラリーで優勝するチャンスはまったくなかったが、その状況にかかわらず、本当に全力を尽くしたんだ。だからその限りにおいては、この結果で報われたね」

「実のところ、(第8戦イタリア)サルディニアでは出走順が1番にならないように願っていた。でもシーズンの終わりにはすべてのポイントが意味を持つ。パワーステージで競争力を出せたことがうれしかった。ライバルたちと同様のグリップコンディションが得られた今週末で唯一のステージだったからね」

●エサペッカ・ラッピ(シトロエンC3 WRC)/デイ3リタイア

「横転してしまったが、マシンはそれほどダメージを受けていなかった。リヤスポイラーを失っただけだった。続くステージではいいリズムに乗れると思っていたが、クレストに差し掛かる右コーナーで、わずかに楽観的すぎた。土手に衝突してタイヤがパンクし、サスペンションを傷めてしまったんだ」

「一時しのぎの修理で走行を続けるには残っているステージ距離が長すぎた。チームに対して本当に申し訳なく思っている。彼らはもっと好成績を手にするのにふさわしい仕事をしていたんだから」