白川氏事務所開き

©株式会社長崎新聞社

 参院選長崎選挙区に国民民主党公認で立候補予定の白川鮎美氏(39)の事務所開きが9日、長崎市江戸町であった。
 総合選対長を務める高木義明党県連代表は、毎月勤労統計の不正問題や森友、加計学園問題などに言及し、「権力に対して過剰な忖度(そんたく)をする政治」と現政権を批判。「長崎から力を結集し、白川氏に閉塞(へいそく)感を破っていただこう」と呼び掛けた。
 白川氏は「安倍1強政治を何としても倒し、安心・安全に暮らせる社会のために国政に挑む」と決意を表明。「敵は大きいが、私たちの志はもっと大きい。(選挙まで残り時間は少ないが)力を残すことなく全力で走る」と気勢を上げた。