明大に完封負け 4強逃す

全日本大学野球第4日 準々決勝

©TOYO Press

TOYO Press編集部

TOYO Press

TOYO Press編集部

TOYO Press

東洋大生による東洋大生のためのポータルメディア企画。

TOYO Press編集部の記事一覧を見る

 全日本大学野球選手権第4日は13日、神宮球場で準々決勝が行われ、東洋は明大(東京六大学)と対戦。相手のエース・森下暢仁に0―3で完封され、明大が6年ぶりの準決勝進出を決めた。

敗れるも1年生投手の躍動

 東洋大は初戦に続きエースの村上が先発した。1回表に明治の4番北本にタイムリーヒットを打たれ先制を許すと、3回表にはバッテリーエラーで2点目を与え、5回表に再び北本にタイムリーヒットを浴びるなどしたが6回3失点にまとめた。

 東洋は村上が6回まで投げ、後続に託すと、渡邊友哉(総情)、松澤海渡(経営)、河北将太(経営)と1年生投手が1イニングずつ投げパーフェクトリリーフで隙を見せなかった。

 打線は相手先発の森下の好投の前に沈黙するも、9回裏。二死から4番・佐藤都志也(法4年)が安打を放ち、相手の守備の乱れで二塁に進むと、5番・山崎基輝(経営3年)のレフト前安打から本塁を突いたが、相手の好返球でタッチアウトになり試合終了となった。

→ 東洋、初戦圧勝 桐蔭横浜に7-1 全日本大学野球第3日

関連記事

スポーツ東洋