日ハム杉浦、今季最短4回途中KO 2回に5安打集中されて大量5失点

©株式会社Creative2

日本ハム・杉浦稔大【写真:石川加奈子】

初回に3点のリードをもらうも、踏ん張れず…

■日本ハム – 巨人(交流戦・16日・札幌ドーム)

 日本ハムの杉浦稔大投手が、今季最短の4回途中でノックアウトされた。16日、本拠地・札幌ドームで行われた巨人戦。初回に3点のリードをもらった右腕だったが、2回に大量5点を失い、4回途中でマウンドを降りた。

 味方打線が巨人先発の菅野からいきなり3点を先制。その直後の2回に杉浦がつかまった。先頭の岡本、続く大城と連打を浴びると、若林への四球で満塁に。自身の暴投と、重信の犠飛で2点を失うと、炭谷、亀井、坂本に3連打を浴びて、一気に5点を失った。

 3回は3者凡退に打ち取った杉浦だったが、4回先頭の若林に右前安打を浴びたところで、栗山英樹監督は西村への交代を決断。杉浦は3回0/3で6安打5失点で降板となった。(Full-Count編集部)