オリ延長10回打者一巡9得点で日曜初勝利&今季初同一カード3連勝! 広島交流戦最下位

©株式会社Creative2

オリックス・大城滉二【写真:荒川祐史】

延長10回に1イニング4本の三塁打、6本のタイムリーで一挙9点

■オリックス 9-3 広島(交流戦・23日・マツダスタジアム)

 オリックスは23日、敵地マツダスタジアムでの広島戦を延長10回、9-3で勝利し今季初の同一カード3連勝をマークした。延長10回に大城の2点タイムリーなどで9点を奪い試合を決めた。

 オリックス田嶋、広島ジョンソンの両先発が息詰まる投手戦を見せる。田嶋が6回2安打7奪三振無失点の好投を見せると、ジョンソンも7回6安打8奪三振無失点と譲らない。広島は9回に1死一、三塁のチャンスを作るが後続が凡退。

 試合は両チーム無得点のまま延長戦へ突入。オリックスは延長10回、代打・西野が左翼線二塁打と代打・後藤の犠打、福田の四球などで2死二、三塁のチャンスを作ると大城が左翼フェンス直撃の2点タイムリー二塁打を放ち勝ち越しに成功。さらに小田、中川、安達、後藤、福田のタイムリーでこの回一挙9点を奪い試合を決めた。

 オリックスは延長10回に1イニング4本の三塁打、6本のタイムリーが飛び出し終わってみれば14安打9得点で大勝した。広島は延長10回に登板した菊池保が誤算で3連敗となり交流戦最下位。(Full-Count編集部)