【MLB】菊池雄星、35日ぶり4勝目「やっぱりしんどかったな。それが一番」6回5安打3失点

©株式会社Creative2

4勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

本拠地のオリオールズ戦で6回3奪三振5四球5安打3失点

■マリナーズ 13-3 オリオールズ(日本時間24日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は23日(日本時間24日)、本拠地オリオールズ戦で先発し、6回5安打3失点。自身の連敗を4で止め、約1か月ぶりの白星となる今季4勝目(5敗)を挙げた。菊池は「やっぱり1か月しんどかったなと。それが一番ですね」と振り返った。

 初回、1死からマンシーニに左中間ソロ。2回は無死一、二塁から併殺打に打ち取ったが、アルベルトに適時二塁打を浴びた。この回には初のボークを宣告された。3回は3者凡退に抑えた。4回は1死から四球を与えたものの、続くマーティンを三ゴロ併殺打に仕留めた。5回は3人で抑え、6回は先頭・ヌニスの二塁打、スミスの左前打などで1死一、三塁としたが、サンタンダーを三ゴロ、ブロクストンを空振り三振に仕留めた。6回で94球(ストライク56球)を投げ、5四球3奪三振、5安打3失点。防御率5.11となった。

 菊池は「ブルペンから決して悪い感じではなかったので。立ち上がり苦しみましたけど、徐々に良くなると信じて投げてました。点差ももらってましたし、チェンジアップを使ったりとか、大胆にストレートでいったりとか後半でできてましたので、次につながる、そういうゲームに少しはできたかなと思います」と振り返った。

 チームは13-3で大勝した。菊池は5月19日のツインズ戦以来の勝ち星となった。「内容的にはもっともっと向上させていかないといけない内容でしたけど、この勝ちを次に。気持ちの部分で大きいと思うので、次につなげていきたいなと思います」と前を見据えていた。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)