Rソックス勝利 左腕・プライスが通算150勝を達成

©MLB Advanced Media, LP.

【レッドソックス6-3タイガース】@コメリカ・パーク

レッドソックスは、先発のデービッド・プライスが初回にニコラス・カステヤーノスのタイムリー二塁打で先制を許したものの、その後は5回まで無失点に抑える好投。2回表に女房役のクリスチャン・バスケスが逆転の14号2ランを放ち、6対3でタイガースを破り、5回4安打1失点のプライスは今季7勝目(2敗)をマークして通算150勝を達成した。3点リードの最終回を無失点に抑えた5番手のヒース・ヘンブリーは今季2セーブ目をマーク。一方、バスケスに逆転弾を浴びたタイガース先発のグレゴリー・ソトは2回3安打2失点で今季3敗目(0勝)を喫した。

プライスは通算150勝について「素晴らしい記録だと思う。シーズン15勝を10年続ける必要があるんだからね」とコメント。「僕の野球カードの裏面にその記録が刻まれるんだ。誇らしいことだよ」とマイルストーン達成を喜んだ。レッドソックスは、バスケスの一発で逆転したあと、5回表にザンダー・ボガーツの2点タイムリー二塁打とアンドリュー・ベニンテンディのタイムリーで3点を追加。8回表には二死三塁からタイガース4番手のエドゥアルド・ヒメネスの暴投によりリードを5点に広げた。直後の8回裏に3番手のライアン・ブレイシアがブランドン・ディクソンに12号2ランを浴びたものの、6対3で逃げ切り。昨季のワールドシリーズ王者は、49勝41敗のア・リーグ東部地区3位で前半戦を終えた。