【MLB】エ軍トラウトはMVP、ド軍柳賢振はCY賞… 米メディアが“前半戦アワード”選出

©株式会社Creative2

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

ア前半MVPに選出されたエンゼルス・トラウトは打率.301、28本塁打67打点8盗塁

 前田健太投手が所属するドジャースは前半戦を60勝32敗、ナ・リーグ西地区で2位ダイヤモンドバックスに13.5差を付け首位を独走している。米メディアは前半戦を総括し、両リーグで各賞を選出。ナ・リーグでは前半戦だけで10勝を挙げた柳賢振投手がサイ・ヤング賞に選出された。

 米スポーツ局「CBSスポーツ」は独自で両リーグの選手たちを採点しMVP、サイ・ヤング賞、最優秀新人などを選出した。

 ア・リーグの前半戦MVPに選ばれたのはエンゼルスのマイク・トラウト外野手。チームは苦戦しているがここまで打率.301、28本塁打67打点8盗塁。8年連続25本塁打をマークするスターを「長年続けて出すことは誰もできない。レジェンドであるトラウトは、満場一致で我々のシーズン中間MVPに選ばれた」と絶賛。

 そしてナ・リーグのサイ・ヤング賞にはドジャースの柳賢振。前半戦は17試合に登板し10勝2敗、防御率1.73と圧倒的な成績を残しチームの快進撃を支えた。エース級の活躍に「先発した17試合の内16試合で、自責点を2点以上許していない。また、そのうちの11試合では、自責点を1以上許していない。とにかく、ここまで彼はとんでもなく好調だ」と称賛している。

以下はCBSスポーツが選出した前半戦の各タイトル

【アメリカン・リーグ】

MVP マイク・トラウト(エンゼルス)
サイ・ヤング賞 マイク・マイナー(レンジャーズ)
最優秀新人賞 ブランドン・ロウ(レイズ)
最優秀監督賞 ロッコ・バルデリ(ツインズ)

【ナショナル・リーグ】

MVP コーディ・ベリンジャー(ドジャース)
サイ・ヤング賞 リュ・ヒョンジン(ドジャース)
最優秀新人賞 ピート・アロンソ(メッツ)
最優秀監督賞 デーブ・ロバーツ(ドジャース)(Full-Count編集部)