梅雨空続くが、梅雨明けの気配も

©株式会社ウェザーマップ

15日(月・海の日)は、西日本は晴れている所が多く、30℃程度まで上がる予想となっており、海のレジャーに適したお天気となっています。一方で東・北日本は雲が多く梅雨空が続いています。日本の北からはオホーツク海にある高気圧が張り出しており、16日にかけてやや南下傾向です。この高気圧から冷たく湿った北東風が関東や東北太平洋側に流れ込み、関東は16日にかけて最高気温が25℃を下回る所が多いでしょう。

ただ、17日頃からオホーツク海高気圧の張り出しは弱まる一方で、太平洋高気圧の勢力が徐々に強まり、週末以降は関東や東北太平洋側でも30℃近くまで上がる日が多くなる予想となっています。

都内では農作物に影響が出始め、体調の異変を訴える人が増えていると言いますが、来週の後半から梅雨明けの気配が出始めています。日照不足や梅雨寒の影響はしばらくの辛抱ですので、あともう少し農作物や体調の管理に努めて頂きたいと思います。

気象予報士・佐藤 温子

画像について:7月15日発表の東京の16日予報