【高校野球神奈川大会】東海大相模が3年連続ベスト4入り 準決勝は27日

©株式会社神奈川新聞社

【東海大相模-相洋】

 夏の高校野球の神奈川大会準々決勝で25日、東海大相模が5-2で相洋を下し、3年連続のベスト4入りを決めた。27日の準決勝は横浜-県相模原の勝者と対戦する。

 東海大相模は二回1死三塁から遠藤の適時打で先制。二回には主砲・山村の特大2ラン本塁打でリードを広げ、五回、八回にも加点して突き放した。冨重-紫藤の継投で逃げ切った。

 相洋は4点を追う五回、国井の単打、菊地の二塁打で無死二、三塁とし、本田の適時打で1点、さらに併殺崩れの間に1点を返した。先発の右腕本田は内角を強きに攻める力投で、最後まで好勝負を演じた。

 門馬敬治監督は「お互いミスがなかったから、こういういい試合になった。勝ち方は問われない。結果が全てで、公式戦とはそういうもの」と話していた。