全国的に暑い8月 北陸や西日本は晴天多く 1か月予報

©株式会社ウェザーマップ

1か月予報(平均気温)。出典:気象庁ホームページ

気象庁は25日、向こう1か月(7/27~8/26)の天候の見通しを発表した。北日本は暖かい空気に覆われやすく、向こう1か月の気温は高い見込み。特に、1週目(7/27~8/2)を中心に、期間の前半は気温がかなり高くなりそうだ。東日本でも期間の前半は、気温がかなり高い可能性がある。また、向こう1か月の降水量は、東・西日本の日本海側では少ない見通し。

1か月予報(降水量)。出典:気象庁ホームページ

 週ごとの予報によると、1週目(7/27~8/2)は東北地方から沖縄・奄美にかけては太平洋高気圧に覆われる見込み。北日本は暖かい空気が流れ込みやすく、気温が平年よりかなり高くなる。北日本の太平洋側と東日本の日本海側、西日本は、高気圧に覆われやすく平年に比べて晴れの日が多い。

高温に関する早期天候情報が発表されているエリア。出典:気象庁ホームページ

なお、北海道や東北、関東甲信、それに東海には、「高温に関する早期天候情報」が発表されている。7/31頃から気温が平年よりかなり高くなる可能性が高いため、気象庁は農作物の管理等に注意すると共に、熱中症など健康管理にも注意するよう呼びかけている。

 2週目(8/3~8/9)の東北地方から沖縄・奄美にかけては太平洋高気圧に覆われる予想。北・東・西日本では高温傾向だが、沖縄・奄美はほぼ平年並みとなりそうだ。また、東・西日本は高気圧に覆われやすく、平年に比べて晴れの日が多い見込み。

1か月予報(日照時間)。出典:気象庁ホームページ

 3~4週目(8/10~8/23)の東・西日本と沖縄・奄美は、平年と同様に晴れの日が多い見込み。太平洋高気圧の本州付近への張り出しは、2週目に比べると弱まると予想される。このため、気温は全国的にほぼ平年並みだが、近年の高温傾向を反映させる意味で、気温の高い確率がやや大きくなっている。
 
 ■参考:平年の梅雨明け
 東海・関東甲信 7月21日頃
 東北南部 7月25日頃
 東北北部 7月28日頃