【リタイア】M・リチャーズが31歳の若さで現役引退を決意… 膝の古傷が完治せず「望むプレーができなくなった」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

マンチェスター・シティやアストン・ビラでプレーした元イングランド代表DFマイカー・リチャーズが31歳で現役引退を発表した。

【リタイア】38歳クラウチが現役引退を表明…プレミアリーグ通算468試合に出場

ビラの選手として出場した2016年10月のウォルバーハンプトン戦以来、長期に渡り膝のケガの治療を続けていたリチャーズ。完治するのが困難となり、プロサッカー選手としてプレーするのが難しくなった元イングランド代表は、31歳の若さでスパイクを脱ぐ決意をした。今後は自身の事業とシティのマーケティング部門に関わる仕事の仕事に就く予定となっていて、シティのオフィシャルサイトで「シティを去って以来、ケガとの辛い戦いが続いていた。自分がしたいレベルに達しなかったことで、プレーする日々を終えようと思った」と語っている。

【プレミアリーグ】34歳サバレタが新シーズンいっぱいで退団を表明… 「プレミアを去るのは寂しけど」

「僕は自分のことを幸せ者だと思っているよ。そしてシティでの新たな日々を楽しみにしている。今後、僕にとって特別な場所になるからね。最終的にはコーチライセンスを取得してゲームに戻るかもしれない。それを決断するのはまた別の機会となるだろうね」。

M・リチャーズが31歳で現役引退を決意